ゼアキサンチンは、キサントフィルに含まれる、カロテノイドの一種として知られています。

キサントフィルには、いくつかの種類がありますが、ゼアキサンチンは黄色の色素をしています。

ゼアキサンチンの主な働きは、目の中で紫外線によるダメージを防ぐ役割があります。
そのため、ゼアキサンチンを効率的に摂取していると、目の病気を防いだりすることが出来るのです。

 

ゼアキサンチンはトウモロコシの学名である「ジーメイズ(zea mays)」に由来して命名されたカロテノイドで、
キサントフィル類に含まれ黄色の色素を表す働きがあります。

ゼアキサンチンを持つ植物には、ホウレン草やパプリカ、トウモロコシや、パパイヤなどにも含まれています。

 

ゼアキサンチンは、人体では黄斑部によく存在していて、
目に入ってきた有害な青色(ブルーライト)を吸収する働きがあり、
ゼアキサンチンを適切に摂取していると目の健康を維持することが出来るため、近年で注目が集まっている物質です。

ゼアキサンチンは目のダメージを防ぐほか、以下のような効果効能があります。

ゼアキサンチンの主な効果/効能/作用

・黄斑変性症を予防する(有害な光を吸収することを手助けするため)
・白内障を予防する(水晶部の濁りの原因である活性酸素を除去するため)

 

ゼアキサンチンには以上のような働きがあり、目の健康を守ってくれています。

特に同じキサントフィル類であるルテインと一緒に目の健康を守ってくれるため、
ルテインを多く含む食品と一緒に摂取していくといいでしょう。

ゼアキサンチンの過剰摂取による副作用は認められていません。
ただし、臨床データが十分でない点を見ると、妊娠中などの過剰摂取は控えたほうがよさそうです。

 

また、効果的にゼアキサンチンの効能を得るためには1日の摂取量を6mg程度にするといいとされています。
そのため、健康な状態で1日あたり6mg程度を摂取するように心がけましょう。

こうしたゼアキサンチンを多く含む食品には、緑黄色野菜などがあります。

そして、通常、体内では合成することが出来ないため、定期的に緑黄色野菜を摂っていく必要があります。

 

また、ビタミンCなど水溶性ビタミンを多く含む食品と一緒に摂取すれば、
効率よくゼアキサンチンを吸収することが出来ます。

ただし、こうした食事が難しい場合にはスピルリナなどの「サプリメント」などで補給すると、
効率的なのでオススメとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ