オロット酸は乳清から発見された物質で、ビタミンB13と呼ばれることもあります。

オロット酸はビタミン様物質に含まれ、葉酸ビタミンB12の働きを高める役割があります。

葉酸は体内でDNAを形成する役割があり、妊婦さんが積極的に摂った方がいい栄養素であり、
ビタミンB12は貧血を防ぐ働きがあります。

そのため、ビタミンB13は女性に嬉しい味方となっているのです。

 

オロット酸は、乳清から発見された成分で、別名「ビタミンB13」と呼ばれることもあります。

ビタミンB13とは言いますが、正式にはビタミン様物質で、水溶性のビタミンとして知られています。

こうしたオロット酸はまだ不明な点が多くあり、これからの研究が期待されている物質です。

現在、分かっていることとしては、葉酸とビタミンB12の働きを高めるほか、
アンチエイジング作用などがあるということです。

そのため、オロット酸を含む食品を摂取していくことで、健康効果や美容効果を得ることが出来るのです。

 

オロット酸は葉酸とビタミンB12の働きを高める役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

オロット酸の主な効果/効能/作用

・肝臓障害を予防する(肝機能を高めるため)
・二日酔いを予防する(肝機能を高めるため)

 

こうした働きのほか、老化を予防する働きがあることなどが分かっています。

ですが、オロット酸についてはまだ不明な点が多いのが現状です。

オロット酸の過剰摂取による健康被害は、まだ認められていません。

そのため、オロット酸の1日の摂取量などにも定めがありません。

 

オロット酸を多く含む食品は、根菜や、小麦胚芽、ビール酵母などに含まれています。

そのため、葉酸ビタミンB12を含む食品と一緒に摂取しておくことで、その効果を高めることが出来るのです。

また、オロット酸は水溶性ビタミンであるため「水に溶かして」摂取すると、その健康作用を効率的に吸収できるのでオススメとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ