ビタミンB12は水溶性ビタミンの一つであり、ビタミンB群の一つです。

こうした水溶性のビタミンには他にビタミンB群やビタミンH、ビタミンCなどが含まれます。

そして、ビタミンB12の働きとしてはヘモグロビンの生成を促します。

そのためビタミンB12が不足すると赤血球が減ってしまったり、悪性の赤血球が出来てしまいます。
ただし、極端な偏食や動物性食品を食べないといった人でない方は特に心配はいりません。

こうしたビタミンB12の効果効能はヘモグロビンの生成のほか、以下のようなものがあります。


ビタミンB12の主な効果/効能/作用

・赤血球の合成に役立つ(タンパク質の合成の補助をするため)
・核酸を合成する(脊髄や胃腸の粘膜の細胞分裂を促すため)
・動脈硬化を防ぐ(ホモシステイン濃度を下げるため)
・脂質量を調整する(レチシンの代謝をして、肝機能を高めるため)

 

ただしビタミンB12を過剰に摂取するとガンの発症リスクが高くなります。

そのため目安量としては、成人男女(18~29歳)で2.4マイクログラムとなっています。

また、ビタミンB12が多く含まれる食品は、かきなどの魚介類やレバーに多く含まれます。

摂取上の注意点としては「ビタミンB群と一緒に摂取する」ことがポイントとなります。

こうすることによって、ビタミンB群の相互作用が働き、その栄養の効果を高く得ることが出来るようになるのです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ