マグロは、サバ科に分類される大型肉食魚の一つです。

マグロには、クロマグロや、カジキマグロなどが含まれ、日本だけでなく世界中で食べられています。

 

マグロには、豊富なタンパク質や、不飽和脂肪酸が含まれるため、身体を構成するには重要な食品です。

特にDHAが多く含まれているため、記憶力を高めたり学習能力を高めるには必要な食品となっています。

また、ビタミンAビタミンB群などのビタミン類も多く含まれているため健康維持にも活躍してくれます。

 

日本国内ではマグロは縄文時代には食されていた形跡があり、現在では日本をはじめ海外でも食されるようになっています。

マグロにはDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸が多く含まれるほか、ビタミンDビタミンEなど豊富に含まれています。

そのため、血流を良くすることが出来たり、老化を防止する働きがあったりします。

また、鉄分亜鉛などのミネラルも含まれているため、健康維持に役立つ食品として食べられています。

 

マグロは記憶力を向上させる役割のほか、以下のような効果効能があります。

マグロの主な効果/効能/作用

・記憶力を高める(DHAが多く含まれているため)
・高血圧を予防する(不飽和脂肪酸が多く含まれているため)
・アルツハイマー病を予防する(DHAが豊富に含まれているため)
・動脈硬化を予防する(血流の流れを良くするため)

 

こうした働きのほかマグロには、老化を予防する役割や目の疲れを取る役割などがあり、美容効果が高かったり、体調を良くする働きがあります。

 

ただし、マグロの過剰摂取による影響は少ないですが、DHAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれているため、肥満に繋がったりする恐れがあります。

また、血液の流れが良くなりすぎて、怪我をした時に止血しにくくなるので注意が必要です。

そのため、1日当たり本マグロのトロで50g程度が適当な量になります。

 

こうしたマグロを摂取する際は、鮮度が落ちやすく、酸化しやすいといということに注意する必要があります。

また、魚を焼くことでDHAの含有量が約20%程度減少するため、DHAを目的に摂取するのであれば気をつけましょう。

また、DHAなどを含むサプリメントなども販売されているため、
フィッシュオイルサプリメントなどから、魚の成分をサプリメントから摂取することも可能です。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ