スピルリナは藍藻類に含まれる藻で、最古の植物とも言われています。

スピルリナには、必須アミノ酸が多く含まれていることから、
様々な健康効果を生み出すことが出来ます。

また、クロロフィルや、ビタミン群やミネラル群も多く含まれていることから、
近年の健康ブームに乗って注目が集まっている食品です。

そのため、スピルリナを摂取していると、
体調をよくすることが出来たりするので、積極的に生活に取り入れていくといいでしょう。

 

スピルリナは1927年にドイツの藻類学者によって発見され、ギリシャ語の「らせん」
という意味に由来して命名されました。
その後、研究が進んでいくうちに、
スピルリナは「35億年以上」昔から地球上に存在していたといわれ、あらゆる動植物の起源とされています。

 

そして、このスピルリナの研究が進んでいくうちに、
必須アミノ酸をはじめ、ビタミン群やミネラル群を多量に含んでいることが分かり始め、
1967年ごろから食用として注目が集まり始めました。

その栄養素の種類は50種類以上含んでいるとされ、NASAでは宇宙食として研究もされるようになっているのです。

スピルリナは女性に嬉しいダイエット効果のほか、以下のような効果効能があります。

スピルリナの主な効果/効能/作用

・アンチエイジング作用がある(抗酸化作用により、活性酸素を除去するため)
・貧血を予防する働きがある(血液の原料となるため)
・風邪をひきにくくする(リンパ球を活性化させ、免疫力を高めるため)
・アレルギーを緩和する(γ-リノレン酸がアレルギー物質を抑えるため)
・抗炎症作用がある(フィコシアニンに炎症を抑える働きがあるため)
・ダイエット効果がある(必須アミノ酸が基礎代謝率を高めるため)
・二日用意を予防する(アセトアルデヒドを分解してくれるため)

 

こうした働きがあるスピルリナは、低カロリーという特徴もあります。

そのため、様々な健康効果、美容効果を得られるうえ、太りにくいという特徴があるのです。

上記の点が人気となり、健康食品の話題の的となっています。

 

スピルリナの過剰摂取は、下痢などを引き起こす可能性があります。
ですが、通常の摂取量では副作用は起きないので安心してください。

けれども、万が一のためにも1日の摂取量は3~6g程度にしておくといいでしょう。

また、こうした様々な面で健康作用があるスピルリナを効率よく摂取するには「サプリメント」がオススメになっています。

このようにサプリメントからスピルリナを摂取するのであれば、
用法・用量を守って摂取することで、手軽に様々な効果効能を手に入れることが出来るのでオススメです。

 

スピルリナの効果と効能、作用について その1」へ

 

関連記事

 ・ダイエット効果も期待できちゃう!今注目の「スピルリナ」の効果・効能

 ・肌荒れやアンチエイジングに!30種類以上のミネラルを含んだ「スピルリナ」とは?

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ