ラウリル硫酸ナトリウムは、界面活性剤の一つで、ドデシル硫酸ナトリウムとも呼ばれます。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは、乳化剤や発泡剤として利用されます。

また、歯磨き粉や、シャンプーといった日用品にも利用されており、様々な場面で利用されています。

そのため、製品の用法、用量を守って使うことでラウリル硫酸ナトリウムも安心して使われています。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは、水によく溶けて、水溶液の表面張力を大きく低下させる役割があります。

そのため、ラウリル硫酸ナトリウムは、水に溶けにくい成分を溶けやすくすることが出来ます。

 

現在ではこのラウリル硫酸ナトリウムは界面活性剤として化粧品に利用されるほか、日用品や医薬品、工業製品にも使われています。

ラウリル硫酸ナトリウムは、化粧品に利用されるほか、以下のような用途があります。

 

ラウリル硫酸ナトリウムの主な効果/効能/作用

・日用品としてシャンプーや歯磨き粉などに利用される
・医薬品やサプリメントのカプセルとして利用される
・車庫のフロア用洗剤として利用される

こうした用途は、ラウリル硫酸ナトリウムが界面活性剤としての役割があるためです。

 

ただし、ラウリル硫酸ナトリウムの過剰利用は皮脂を取り除くことから炎症を引き起こす可能性があります。

また、発がん性リスクがあるとされていますが、科学的には根拠が証明されていません。

そのため、ラウリル硫酸ナトリウムが含まれている製品を使っても、用法、用量を守れば安心して利用することが出来ると言われています。

もちろん、肌に炎症が出たりした場合には利用を中止し、皮膚科に相談することが大切です。

 

ラウリル硫酸ナトリウムと同様なものに、サルフェート(硫酸塩)があり、同様に、シャンプーなどの硫酸系界面活性剤として使われています。

この硫酸系界面活性剤は、安価に生産可能で、さらに泡立ちも良く、汚れも良く落ちるため、
シャンプーなどに含まれている事が多いです。

それにより、汚れが良く落ち、泡立ちが良いシャンプーもあるのですが、
髪や頭皮には、強すぎる薬品のため、近年では、サルフェート不使用のシャンプーなどが
話題となっています。

シャンプーなどに含まれている場合、
「ラウレス硫酸Na」、「ラウレス硫酸TEA」、「パレス-3硫酸Na」などと記載されています。

ノンシリコンの記載も多い、最近のヘアケア商品ですが、
「ノンシリコン」と「ラウリル硫酸ナトリウム不使用や、サルフェート不使用(サルフェートフリー)」は、また、別のため、覚えておくと良いでしょう。

 

近年、食生活の変化から、薄毛などの症状も多く、深刻化している現代ですので、
食生活だけでなく、オーガニックに観点を置いた、
ラウリル硫酸ナトリウム不使用や、サルフェート不使用(サルフェートフリー)のヘアケアなどにも気を使ってみるのも良いでしょう。

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ