リシンとは必須アミノ酸の一つであり、牛乳から発見されたアミノ酸です。

また、リシンは「リジン」とも呼ばれます。

リシンの働きは体の組織の修復や成長、後退、ホルモン、酵素の合成などに関ります。

リシンが不足すると、疲れやすくなったり集中力がなくなってしまいます。

特に日本人はリシン不足に陥りやすいため、リシンの積極的な摂取が必要になります。

 

また、近年ではリシンの成分から育毛剤として有効と分かってきており、
薄毛や抜け毛防止剤にも使われるようになってきています。

リシンは体の組成のほか以下のような効果効能があります。


リシンの主な効果/効能/作用

・疲労回復を促す(タンパク質の吸収を高めるため)
・集中力を高める(ブドウ糖の代謝を良くするため)
・肝機能を高める(脂肪を消化するリパーゼに働きをかけるため)
・ヘルペスを予防、改善する(ウイルス感染を予防する働きがあるため)
・脳卒中の発生を抑制する(血圧を下げるため)

 

ただし、リシンを過剰に摂取し続けると、胃痛や下痢などの副作用を起こす可能性があります。

そのため、目安量として、1日当たり体重1kgに対して30mgの摂取が必要になります。

つまり、自分の体重が60kgであった場合、1日当たり1800mgの摂取が必要になるのです。

 

リシンを多く含む食品は牛乳やチーズなどの乳製品のほか、鶏肉にも多く含まれています。

リシンを摂取する際の注意点としては「制限アミノ酸」であるため、リシンの摂取量を増やす必要があることです。

 

つまり、リシンが不足すると、このリシンに引っ張られる形で
他のアミノ酸の吸収が悪くなってしまうので積極的に摂取する必要があるといえるでしょう。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ