ペプチドは、アミノ酸が2個以上つながった成分のことです。

ペプチドは、イソロイシンなどのアミノ酸を結合してできており、例えば大豆ペプチドや、ホエイペプチドなどがあります。

 

ペプチドの主な働きは、それぞれのアミノ酸の役割を受け継ぎ、ホルモン作用や神経伝達作用などがあります。

そのため、ペプチドを食品として摂取したり、
化粧品として肌から浸透させたりすることで健康を維持出来たり、美容効果を得ることが出来たりするのです。

 

ペプチドは、アミノ酸が2個以上繋がった成分のこといい、
10個までをオリゴペプチド、10から100個までをポリペプチドといいます。

アミノ酸には、イソロイシンなどの必須アミノ酸が9種類と、
アスパラギン酸などの非必須アミノ酸があり11種類あります。

 

ペプチドは食品に由来する名前が付けられており、大豆ペプチドやイワシペプチド、ホエイペプチドなどがあります。

また、カゼインペプチドや、コラーゲンペプチドなどがあり、それぞれに効果効能があります。

 

ペプチドにはホルモン作用や神経伝達作用によって以下のような効果効能を促します。

 

ペプチドの主な効果/効能/作用

・疲労回復を促す(大豆ペプチドが筋肉へのエネルギー居窮を効率的にするため)

・骨粗鬆症を予防する(魚類ペプチドが抗酸化作用により酸化ストレスを減らすため)

・生活習慣病を予防する(魚類ペプチドが抗酸化作用により活性酸素を除去するため)

・筋肉の増強を促す(ホエイペプチドが筋肉の修復を促すため)

・アルツハイマーを予防する(ホエイペプチドが、グルタチオンを増加させるため)

 

こうした働きのほかにも、免疫機能を高めたり、高血圧や動脈硬化を予防したりと、それぞれのペプチドに働きがあります。

また、ペプチドは美容成分としても用いられており、
例えば、ヒトオリゴペプチドやアセチルへキサペプチドなどとして利用されています。

こうした成分は、化粧品などに用いられており、保湿成分やアンチエイジング成分として利用されています。

 

ペプチドを化粧品に用いた場合、副作用が少なくできると注目されています。

しかし、皮膚の健康状態によっては副作用を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ