パラアミノ安息香酸はビタミン様物質の一つで、ビタミンB群として扱われることもあります。

ビタミン様物質にはイノシトールやL-カルニチンなどがあり、
パラアミノ安息香酸の主な働きは、髪の毛や肌の健康を守る働きがあります。

そのため、パラアミノ安息香酸には「しわ」を防いだりしてくれる働きがあります。

 

パラアミノ安息香酸は略称として「PABA」と呼ばれることもある、葉酸の前駆体です。

かつてはビタミンB群として扱われていましたが、研究が進むにつれて人体には必須でないことから、
ビタミン様物質と扱われるようになりました。

パラアミノ安息香酸の効果効能についてはまだ分かっていない点が多い成分ですが、
かつては日焼け止めクリームとして利用されていました。

現在では、過敏性腸症候群の治療薬として利用されたりしています。

また、美容面では、パラアミノ安息香酸が肌の健康を維持したり、髪の毛の健康を維持しています。

 

パラアミノ安息香酸は肌や髪の健康を守るほか、以下のような効果効能があります。

 

パラアミノ安息香酸の主な効果/効能/作用

・肌のたるみなどを(肌の健康を保つ作用があるため)
・白髪になるのを防ぐ(髪の毛に栄養素を届けるなどするため)
パラアミノ安息香酸はこうした働きがあります。
ですが、まだ分かっていない点も多く、これからの研究が期待されています。

また、パラアミノ安息香酸の過剰摂取による副作用はあまり報告されていません。

ですが、過剰に摂りすぎると、吐き気や胃痛などを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

また、パラアミノ安息香酸は必須ビタミンではないため、摂取量に定めがないので、通常の食事をしていれば問題はありません。

 

パラアミノ安息香酸を多く含む食品は、レバーや卵、玄米などに含まれています。

また、葉酸と一緒に摂取すれば、葉酸の効果を高めることが出来るため食事の際には一緒に摂取することがオススメです。

ただし、パラアミノ安息香酸をより効率よく摂るには「サプリメント」などが向いています。

そのため、効率的に健康を目指すならこうした「サプリメント」などもオススメとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ