オリーブは、モクセイ科の常緑樹の一つで、オリーブ油などとして利用されています。

 

モクセイ科には、ジャスミンや、ライラックなどがあり、
オリーブの主な働きは一価不飽和脂肪酸として、コレステロール値を下げる働きがあります。

また、血圧を下げる働きもあり、高血圧を予防することも出来ます。

そのため、このオリーブの摂取が不足すると、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性があるのです。

こうした病気を防ぐために、適切な量のオリーブの摂取が必要となってきます。

 

オリーブは、紀元前3000年~紀元前2000年頃から栽培されており、最も古いハーブだと言われています。

日本には明治41年に香川県の小豆島にオリーブが伝わり、現在でもオリーブ栽培が盛んな地域になっています。

 

オリーブには、フラボノイドや、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸を含むため、
生活習慣病を予防してくれると注目が集まっています。

そのため、オリーブオイルとして食品に利用されるだけでなく、化粧品やお茶としても使われるようになっています。

 

オリーブは、コレステロール値を引き下げる役割のほか、以下のような効果効能があります。

オリーブの主な効果/効能/作用

・肌にうるおいを保つ(オレイン酸が保湿してくれるため)
・高血圧を予防する(オレウロペインによる血管拡張作用があるため)
・動脈硬化を防ぐ(オレイン酸コレステロール値を下げるため)
・心疾患を予防する(オレイン酸が心筋梗塞を予防するため)
・糖尿病を予防する(血糖値を下げるため)

 

こうした働きのほか、オリーブには、抗菌効果があり、病気を未然に防いでくれたりもします。

ただし、オリーブの過剰摂取は脂質であるため、肥満を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

 

そのため、摂取量の目安として厚生労働省は
オリーブオイルなどの一価不飽和脂肪酸の1日の摂取割合を、飽和脂肪酸=3、一価不飽和脂肪酸=4、多価不飽和脂肪酸=3とすることを勧めています。

 

こうしたオリーブを摂取する際には、オリーブオイルを取るようにすることがお勧めです。

また、お茶や、化粧品にも含まれているので試してみるのもお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ