チッソ(窒素)は元素の一つであり、アミノ酸などの中に含まれ身体を構成する重要な物質です。

こうした身体を構成する元素は他に、酸素、炭素、水素があります。
こうした元素は多量元素とも呼ばれていて、体重70kgの人がいたとした場合、チッソは約2.1kgも体内にあるのです。

ただし、体内にチッソを保存しておくことが出来ないため常にチッソを摂取しておく必要があります。

 

この摂取方法は主に食物から、窒素化合物として摂取することになります。

特に、チッソはキャベツや小松菜、ほうれん草などの葉物の野菜に多く含まれます。

その理由としては植物にとってはチッソ肥料の三要素になっているためです。

 

この酸要素は他に、リン酸カリウムがあり、チッソの役割は健康な葉っぱを作ることに役立っています。
そのため、葉物の野菜に多くチッソが含まれているのです。

ただし、これら葉物の食品のチッソ成分が硝酸性窒素である場合、私たち人間にも健康被害が及ぶ可能性があります。

 

それが酸素欠乏を起こす「メトヘモグロビン血症」と、発がん物質になる「ニトロソアミン」が生成されてしまうことです。

そのため食品を選ぶ際の注意点としては「季節物の野菜を摂取する」ということです。

 

このように、季節物の食品であれば肥料を大量に使っていない場合が多く硝酸性窒素が少なくなります。

また、調理方法として茹でることによって、アクとして硝酸性窒素を減らすことが出来ます。

調理をして(食材を加工して)、身体に害のないチッソを効率よく摂取する事が大切ということに繋がります。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ