1.イラクサとは?

イラクサは、イラクサ科のイラクサ属に分類される多年生の植物です。

成長すると高さは30センチから50センチになり、

6月から9月にかけて、円錐形に緑色の花をつけます。

イラクサは、方言などの別名ではアイコ、イラナ、アエダケ、イタイタグサ、イラグサなどとも呼ばれ、全国各地で自生しています。

世界では、北アメリカやヨーロッパなどにも自生しており、セイヨウイラクサ(ウルティカ・ディオイカ)と呼ばれています。

イラクサの花言葉「中傷」

 

2.イラクサの特徴

イラクサの茎は四角で、葉と茎に毛のようなトゲがあり、トゲにはアセチルコリンやヒスタミンを含んだふくろがあり、

皮膚につくと強い痛みがあるので、イラクサの茎を触る際には注意が必要です。

イラクサの葉を乾燥させて、ハーブティーとしてよく飲まれます。

イラクサは、2000年以上も前の古代ギリシャ時代からヨーロッパでは薬用ハーブとして使われています。

期待出来る効果として、酸化物や尿酸などの体内老廃物の排泄を促進する効果が期待でき、

血液を浄化する効果が期待できるため、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、じんましんといった、

アレルギー性疾患などのような代謝性疾患を予防する効果が期待出来ます。

イラクサには、鉄分が多く含まれており、そのほかの成分ではビタミンCフラボノイド類が含まれているため、

造血作用(体内で血液を作り出す)を促進し、貧血予防の効果も期待できます。

ケガの回復促進や関節炎、痛風、リウマチの改善にも効果が期待できます。

 

3.イラクサの主な効果/効能/作用

・貧血の改善

・髪や爪の修復

・アトピー性皮膚炎の予防や改善

・アレルギー性鼻炎の予防や改善

・生理時の出血量減少

・関節炎やリウマチ

・痛風

・関節炎

 

-イラクサを含んだ商品例-

Tea total / ハーブティー / マヌカフラワー デトックス

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

コラム記事 検索