モロッカンローズオットーオイルは、モロッコ産のローズオットーから抽出された天然オイルのことです。

 

モロッカンローズオットーオイルの主な働きは、バラの甘い香りがするため精神面を安定させる働きがあります。

そのため、このモロッカンローズオットーオイルを利用していると鎮痛作用や緩和作用などの効果を得られるのです。

 

こうした効果効能を得るためにモロッカンローズオットーオイルの適切な利用が大切となります。

 

ローズオイルには、ローズオットーとローズアブソリュートの二つがあります。

ローズオットーオイルは、ローズを水蒸気蒸留法によって抽出された精油です。

 

オットーはトルコ語で水の意味を表し、香りのよさからバラは「花の女王」と呼ばれ、バラの精油は「精油の女王」と呼ばれています。

中世では若返りの薬として利用されており、現在でもこのローズオットーオイルは美容製品として使われています。

そして、モロッコ産のローズを使ったローズオットーオイルを、モロッカンローズオットーオイルというのです。

 

モロッカンローズオットーオイルは精神を安定させる役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

モロッカンローズオットーオイルの主な効果/効能/作用

・肌のハリを保つ(血行促進作用があるため)
・月経前緊張症や、月経前症候群などを防ぐ(女性ホルモンの働きを調整するため)
・女性の生殖器系の働きを整える(女性ホルモンの働きを調整するため)

 

こうした働きが、モロッカンローズオットーオイルにはあり、女性の強い味方となっています。

ただし、女性ホルモンに影響を与えるため、妊娠中の利用は控えた方が良いです。

 

このモロッカンローズオットーオイルの過剰利用による副作用は報告されていません。

そのため、製品の用法・用量を守って利用することで最大限に製品の効能を得ることが出来ます。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ