メラトニンは脳の中で作られるホルモンの一つで、眠る、起きるのサイクルを制御しています。

夜暗くなると眠くなり、朝、太陽が昇って明るくなると目が覚めます。
これは人間の体が持っている自然なサイクルです。

私たちは周囲の明るさを目で判断しますが、
目の網膜が受け取る光は脳の一部にシグナルを発し、体内のホルモンや体温を制御しています。

通常、夕方から夜にかけて暗くなると、網膜が受け取る光の量が減ります。
すると、脳はメラトニンを盛んに分泌し、人は眠くなります。
明るくなって光の量が増えると分泌を止め、目を覚まします。

 

 

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ