海洋性コラーゲンは、コラーゲンの一つで、魚のウロコから取れるコラーゲンのことを言います。

コラーゲンには、動物性と海洋性に分けることができ、海洋性コラーゲンの主な働きは皮膚や骨などで細胞を繋げる役割があります。

そのため、この海洋性コラーゲンの摂取が不足すると関節痛などの症状を引き起こす可能性があります。

こうした症状を防ぐために、適切な量の海洋性コラーゲンの摂取が必要となるのです。

 

海洋性コラーゲンは近年、注目されているコラーゲンの一つです。

海洋性コラーゲンには2種類あり、魚の骨などから取られる「マリンコラーゲン」と鱗から取れる「スカールコラーゲン」があります。

こうした海洋性コラーゲンが注目されている理由は、アレルギー性物質が少なく、吸収率が高いためです。

そのため今日では、海洋性コラーゲンは美容製品に使われるようになっています。

 

海洋性コラーゲンは皮膚や骨などで細胞を繋げる役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

海洋性コラーゲン(マリンコラーゲン)の主な効果/効能/作用

・肌にハリとつやを与える(肌の新陳代謝を高めるため)
・関節痛を緩和する(軟骨の新陳代謝を高めるため)
・動脈硬化を防ぐ(血管壁の成分となっているため)

 

こうした働きのほか、海洋性コラーゲンには骨を丈夫にしたり、目の健康を守る働きなどがあります。

このほか、爪を強くする働きや抜け毛を防ぐ役割などがあり、美容効果を高めてくれる成分なのです。

 

この海洋性コラーゲンの過剰摂取による副作用は今のところ報告されていません。

ただし、摂取量の目安としては海洋性コラーゲンなどの、コラーゲンの摂取量が1日当たり5,000mgとなっています。

また、体型によって必要となる摂取量が変わると言われています。

 

海洋性コラーゲンを多く含む食品は、フカヒレなどに含まれています。

また、ビタミンCと一緒に摂取することでコラーゲンの生成を高めることが出来ます。

ただし、通常の生活をしていても、なかなか海洋性コラーゲンを摂取することが難しいので、サプリメントなどで摂取することがお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ