マグネシウムは「ミネラル」の一つであり、カルシウムリンと同様に骨の発育に必要な栄養素です。

このマグネシウムの名前の由来は、古代都市のマグネシア地域からきています。

マグネシウムの効果は骨の発育をはじめ、主に以下のような効果があります。

 

マグネシウムの主な効果/効能/作用

・心臓病の発生を防ぐ(血液の流れをよくする)
・血圧を下げる(血液の流れをよくする)
・頭痛を緩和する(収縮した筋肉を緩める作用がある)
・精神安定(体内のホルモンの働きに関与する)

 

このような血液の流れなどにも良い影響を与えているのがマグネシウムになるのです。
ですが、多くの人がマグネシウム不足に陥っています。

それが続くと、震えや筋肉の痙攣、また気分がめいると言った症状が出てきてしまいます。
そのため適度なマグネシウムの摂取が必要になってきます。

その目安としては、成人の摂取量は1日300mgがマグネシウムの摂取量となります。

特にマグネシウムを多く含む食品は、アーモンドやカシューナッツをはじめ、
大豆やひじき、ほうれん草、木綿豆腐など和食で使う食品に含まれます。

そのため、これらの食品をバランスよく摂ることが大切になるのです。

 

特にマグネシウムを摂取する際に気をつけたいこととしては「カルシウム」と一緒に摂取するということです。

カルシウムとマグネシウムを一緒に摂取すると、血圧を安定させることが出来、
さらに発育に必要な栄養素を取ることが出来ます。

そのためマグネシウムを摂取する際には合わせて「カルシウム」も摂るようにしましょう。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ