グリーンティーは、お茶の一つで、チャノキの葉から作られたお茶のことです。

 

日本においては「日本茶」や「緑茶」と呼ばれることが多くなっています。

お茶には、紅茶や、プーアル茶などがあり、
グリーンティーの主な働きは、カテキンによる活性酸素を除去する役割があります。

そのため、生活習慣病を予防したり、改善する効果効能があります。

さらに、リラックス効果もあるため、気分を落ち着つかせる効果などもあるのです。

こうした効果効能を得るために、適切な量のグリーンティーの摂取がお勧めです。

 

グリーンティーは紀元前1世紀の時点で存在していたことが確認されています。

そして、「緑茶」を英語で表した通りにグリーンティーを名づけられました。

 

グリーンティーには、様々な種類があり煎茶や玉露などが含まれます。

特に日本では静岡県で生産されています。

また、このグリーンティーは日本だけでなく世界中で生産されるようになっています。

 

現在では、グリーンティーに、ポリフェノールの一つであるカテキンが含まれていることが分かっているため、
活性酸素を除去してくれると注目が集まっています。

グリーンティーは活性酸素を除去する役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

グリーンティーの主な効果/効能/作用

・インフルエンザなどを防ぐ(カテキンとビタミンCにより免疫力を高める働きがあるため)
・動脈硬化を予防する(カテキンが悪玉コレステロールを減少させるため)
・口臭を予防する(カテキンが歯のエナメル質を溶けるのを防ぐため)
・リラックス効果がある(カフェインが含まれているため)

こうした働きのほか、グリーンティーにはビタミンAが含まれているため成長促進をしたり、目の病気の予防をしたりします。

 

さらに、ビタミンCや、ビタミンEも含まれているため、活性酸素を除去するには効果的であり、美容効果が高いのです。

 

このグリーンティーの過剰摂取による副作用は報告されていません。

けれども、グリーンティーを過剰摂取すると、
カフェインの摂り過ぎによる睡眠障害が起きる可能性があるので気をつける必要があります。

そのため、カテキンは1日に1g程度摂取すれば十分となっているため、この量を守るようにしましょう。

また、グリーンティーを摂取する際の注意点も特にはないので安心して飲んで大丈夫です。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ