エリオシトリンはポリフェノールの一種で、自然界において黄色い色素を表す働きをしています。

エリオシトリンの主な働きは、抗酸化作用が豊富に含まれていることから
「生活習慣病を予防」してくれる役割があります。

そのため、近年で注目を集めているポリフェノールの一つなのです。

 

エリオシトリンは、ポリフェノールの一種で、黄色の色素として自然界に存在しています。

エリオシトリンはレモンに多く含まれるため「レモンポリフェノール」と呼ばれることもあります。

また、ライムにも、エリオシトリンは含まれていますが、
オレンジグレープフルーツといった柑橘類には含まれていないので注意が必要です。

こうしたエリオシトリンに注目が集まっている理由としては、エリオシトリンに含まれる強い抗酸化作用にあります。

抗酸化作用があることで、活性酸素を除去してくれ生活習慣病などを予防してくれるのです。

特に、エリオシトリンはレモンの果汁よりも、皮の部分に豊富に含まれているという特徴があります。

 

エリオシトリンは生活習慣病を予防する働きのほか、以下のような効果効能があります。

 

エリオシトリンの主な効果/効能/作用

・がんを予防する(抗酸化作用が活性酸素を除去するため)
・動脈硬化を予防する(抗酸化作用が活性酸素を除去するため)
・ダイエット効果がある(血中の過酸化脂質の生成を防ぐため)

 

エリオシトリンにはこうした働きがあり、特にレモンやライムに含まれているため
一緒に摂取していると「ビタミンC」なども摂取することが出来ます。

そのため、ビタミンCの抗酸化作用などと一緒にエリオシトリンが働き、
シミやそばかすなどを減らす働き役割もしてくれるのです。

こうしたエリオシトリンの過剰摂取による副作用は特に見つかっていません。

ですが、まだ研究が進んでいないということもあり、過剰な摂りすぎは控えたほうがいいでしょう。

また、欠乏症なども見られていないため、摂取量に定めもありません。

こうしたエリオシトリンを多く含む食品は、レモンとライムがあります。

そのため、揚げ物などにレモンを絞ったり、
レモンティーなどにして飲むとエリオシトリンを効率的に摂取することが出来るでしょう。

ただ、普通の生活をしていると、なかなかこうした食品を摂るのは難しいかもしれません。

そのため、エリオシトリンを抽出した「サプリメント」を摂取すれば、効率的にエリオシトリンを吸収できるでしょう。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ