エルゴステロールは、キノコ類に含まれる成分で、ビタミンD2の前駆体として知られています。

エルゴステロールの主な働きは、ビタミンDとなって体内のカルシウム量などを調整し、
骨粗しょう症などを食い止める働きがあります。

そのため、エルゴステロールを摂取していると健康な発育などが出来るようになるのです。

エルゴステロールはシイタケなどのキノコ類に含まれる成分として知られています。

このエルゴステロールは、ビタミンD2(エルゴカルシフェロール)の前駆体として知られており、
紫外線を受けることによってビタミンD2へと変わります。

 

エルゴステロールはキノコなどでは、人間で言うところのコレステロールと同じような働きをします。

体内ではビタミンD2の元となり、このビタミンD2はカルシウムリンなどのミネラル分を調整する働きがあります。

そのため、骨粗しょう症などの病気を予防したり、ストレスを和らげる役割などがあるのです。

ちなみに、ビタミンD3という成分もあり、ビタミンD3は動物性食品に多く含まれています。

 

エルゴステロールは骨粗しょう症を予防する働きがあるほか、以下のような効果効能があります。

 

エルゴステロールの主な効果/効能/作用

・子供の成長を促進する(ビタミンDとなり、カルシウム量を調整するため)
・ストレスを軽減する(カルシウムがストレスを和らげる作用があるため)

 

エルゴステロールにはこうした働きがあるため、子供の健康や成長にとっては大切な成分となっています。

ただし、エルゴステロールの過剰摂取は、おう吐や食欲不振などの病気を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

また、エルゴステロールの摂取量は決まっていませんが、
ビタミンDの摂取量は1日当たり、5マイクログラム程度が適切とされています。

 

エルゴステロールを多く含む食品は、シイタケなどのキノコ類に多く含まれています。

こうした食品を摂取する前には「太陽光」に当てておくと、ビタミンD2の量を増やすことが出来るのでオススメです。

また、食事で摂取するのが難しい場合には「サプリメント」などでも、エルゴステロールを摂取することが出来ます。

そのため、エルゴステロールを効率的に摂取するのであれば、こうしたサプリメントもオススメとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ