カモミールは、真ん中に黄色い花芯を持ち、それを白い花びらで取り囲んだ可憐な野草です。
薬草としての歴史は長く、古代エジプト、ローマ時代にも癒しの植物として用いられています。

喘息、腹痛、発熱、神経痛、吐き気、皮膚病と、何にでも役に立つ万能ハーブと信じられていました。

今も昔も、お茶として多くの人から愛されています。

りんごに似た香りを吸い込みながら、温かいカモミール・ティーを飲むと、体の芯で凝り固まった疲れもとけ出します。

張りつめた神経をリラックスしてくれます。眠れない夜にはおすすめです。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ