セルロースは不溶性食物繊維の一つであり、自然界で最大量の有機化合物です。

セルロースの名前の由来は、1838年に「細胞壁を構造する糖」の意味からつけられています。

 

セルロースの主な働きは、排便の量を増やし便通を促す働きがあります。

こうした働きは不溶性食物繊維に共通する働きです。

そのため、このセルロースの摂取が不足すると便秘に繋がる可能性があります。

 

また、セルロースは水で溶かすことで粘り気が出るため、口紅やマニキュアなどの化粧品としても用いられています。

さらに、食品や化粧品以外にも、セルロースは木材製品や衣類など様々なものに利用されようとしています。

こうしたセルロースは人体へは便通を促す働きのほか、以下のような効果効能があります。


セルロースの主な効果/効能/作用

・大腸がんを防ぐ(発がん性物質を抑えるため)
・腸内環境を改善する(善玉菌を増やすため)
・デトックス作用がある(水銀などの毒素を排泄するため)

ただし、セルロースの過剰摂取はひどい下痢を引き起こす可能性があります。

そのため、摂取量の目安として、セルロースなどの不溶性食物繊維の1日の摂取量を

厚生労働省は成人男性19g以上、成人女性17g以上としています。

 

また、不溶性食物繊維水溶性食物繊維のバランスが2対1になると利用的な食物繊維の割合となります。

 

こうしたセルロースを多く含む食品は、イモ類やキノコ類、豆類などの食品に多く含まれています。

そして、セルロースを含む食品を摂取する際の注意点は「良く噛むこと」が大切です。

「良く噛むこと」で排便をスムーズにすることが出来るようになります。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ