カフェインは、主にコーヒーなどに含まれる苦み成分で、アルカロイドのことを言います。

カフェインは、眠気を覚ます効果があるとして認知されていますが、
他にも様々な健康効果があるとされています。

そのため、日々の生活で取り入れていけば、
ダイエット効果などをえられると注目が集まっています。

そこで、カフェインの効果効能などを知って、健康的な生活を送れるようになりましょう。

カフェインは、「コーヒー」に由来して名づけられており、
コーヒー豆や茶葉、カカオなどに含まれる苦み成分のことを言います。

かつては「医薬品」として利用され、ぜんそくの予防薬として用いられていました。

それから、20世紀末になると抗炎症薬として用いられるようになり、
現在では様々な炎症作用を抑える薬として用いられています。

ちなみにですが、カフェインと聞くと「コーヒー」というイメージがすぐに思い浮かびますが、
特にカフェインを多く含む品種が「ロブスタ種」です。

一般的によく飲まれている「アラビカ種」のカフェイン含有量は「ロブスタ種」よりも半分程度になっています。

 

こうしたカフェインは眠気を覚ます以外に、以下のような効果効能があります。

カフェインの主な効果/効能/作用

・ダイエット効果(エネルギーの消費を促すため)
・冷え性を予防する(末梢の血管を広げて、血流を良くするため)
・むくみの予防(利尿作用があり、体内の余分な水分を排出するため)
・アルツハイマー病の予防(病気を引き起こすアミロイドベータの異常な蓄積を防ぐため)
・パーキンソン病の予防(アデノシンを分解するため)

 

上記のような働きがカフェインにはあるため、ダイエットなどをしようとしている女性に人気となっています。

また、コーヒーが苦手な女性であれば「カフェイン」が含まれている、紅茶やお茶を飲むといいでしょう。

ただし、カフェインの過剰摂取は吐き気などを引き起こす可能性があるため注意が必要です。

特に妊娠中のカフェインの摂取には注意をした方がいいでしょう。

 

また、カフェインには中毒性があるため、多量の摂取には気を付けたほうがいいです。
そのため、摂取量の上限は1日あたり400mgとされています。
けれども、カフェインは体重量によって上限が変わってくるため、あくまでも目安として認識しておくとよさそうです。

 

 

こうしたカフェインを多く含む食品は、コーヒーをはじめ、紅茶やココア、チョコレートなどにも含まれています。

また、あなたが眠気覚まし代わりに、カフェインを摂取するのであれば
「眠くなる前」に摂取することで、眠気を飛ばすことが出来るようになるでしょう。

また、紅茶の中には「カフェイン」を含まないルイボスティーなどのノンカフェインのものもあるので、
妊娠中の方などでカフェインを摂取しない方がいい時にはオススメです。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ