アスパラギン酸は、アミノ酸の一つで、カリウムや、マグネシウムの吸収を高めます。

この非必須アミノ酸には、グルタミン酸や、システインなどが含まれ、
アスパラギン酸の主な働きは利尿作用があり、老廃物を排出する役割があります。

そのため、このアスパラギン酸の摂取が不足すると体力が落ちたりします。

また、アンモニアが体内に蓄積されやすくなり、脳や脊髄などに症状が出るようになってしまいます。

こうしたことを防ぐために、適切な量のアスパラギン酸の摂取が必要となるのです。

 

アスパラギン酸は1806年に発見され、アスパラギン酸の名前の由来はアスパラガスから発見されたためです。

また、アスパラギン酸を使って、アスパラギンが生成されることも分かっています。

そして、今日では経口栄養剤や経腸栄養剤などの医薬品として用いられたり、
うまみ成分として様々な食品に使われるようになっています。

また、スキンケア製品の中も含まれるようになっています。

アスパラギン酸は老廃物を排出する役割のほか、以下のような効果効能があります。


アスパラギン酸の主な効果/効能/作用

・利尿作用(アンモニアを排出するため)
・肌にうるおいを保つ(新陳代謝を促し保湿力を高めるため)
・疲労回復を促す(乳酸をエネルギーに変えるため)
・体調を整える(マグネシウムを体内に運ぶため)

 

アスパラギン酸の過剰摂取は問題がないとされています。

この理由は、アスパラギン酸を過剰に摂取しても、すぐに体内で消費されるためです。

そのため、アスパラギン酸は摂取量の目安は定められていません。

 

こうしたアスパラギン酸を多く含む食品は、アスパラガスをはじめ、牛肉や鶏肉、豚肉などの肉類に多く含まれています。

そして、アスパラギン酸を摂取する際の注意点は「食物性食品から摂取する」ということです。

 

これは肉類などから摂取すると、アンモニアを過剰に摂取してしまうため、本来の役割を果たすことが出来なくなるためです。

また「アスパラギン酸」は熱に弱いという特徴があるため加熱しすぎないよう注意が必要です。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

コラム記事 検索