アルブミンは、タンパク質の一つで、動物性タンパク質の一つです。

動物性タンパク質には、ホエイカゼインなどが含まれています。

 

また、アルブミンは輸送タンパク質という分類にも含まれています。

輸送タンパク質は体内で何かを運ぶ働きがあり、アポリポタンパク質などがあります。

 

そして、アルブミンの主な働きは脂質を運ぶ役割があります。

このアルブミンの摂取が不足すると、アルブミン濃度が低下し、
栄養失調や、むくみといった症状などが起こる可能性があります。

特に、高齢者はこのアルブミンの量が健康とも関わってくるため非常に重要な成分と言えます。

 

アルブミンの名前の由来は卵白から名付けられていて、卵白の構成の内、約65%のタンパク質を占めています。

そして、アルブミンを代表する者は卵白の元となる卵アルブミンや
血漿の中にある血清アルブミン、乳汁にある乳アルブミンがあります。

 

そして今日では、このアルブミンの量が少ないと短命という研究結果も出ているため注意が必要です。

アルブミンは脂質を運ぶ役割のほか、以下のような効果効能があります。


アルブミンの主な効果/効能/作用

・浸透圧を保持する(分子量が小さいため浸透圧を調整できるから)
・老いを防止する(抗酸化作用があるため)

 

このほか輸送タンパク質としての働きから、筋肉などの組織にアミノ酸を供給する働きもあります。

こうしたアルブミンの過剰摂取は、イソロイシンを減らすことに繋がり、
タンパク質の合成を阻止してしまうこと可能性があります。

 

そのため、摂取量の目安として卵白などのタンパク質の1日の摂取量を成人男性50g、成人女性40gとしています。

 

そして、アルブミンを多く含む食品は卵白などの動物性たんぱく質に多く含まれます。

こうしたアルブミンを含む食品を摂取する際の注意点は「動物性たんぱく質をバランスよく食べる」ことです。

また、ビタミンや、ミネラルも一緒に摂取することで、アルブミンを効率良く生成することが出来るのです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ