肩こりや太る原因に?!足を組むのが身体に悪い理由

肩こりや太る原因に?!足を組むのが身体に悪い理由

足を組むのが身体に悪い理由

 

足を組むのが身体に悪い理由としては、足を組むことで、体には歪みが生じてしまいます。

これは、あんまさんなど、目が見えなくても人体にとてもお詳しいスペシャリストの方が、
患者さんの体に触れると、どのような体の歪みが出来ていて
それがどのように体に悪影響を及ぼしてしまっているのか、すぐに分かるものです。

身体の歪みについては、上記のように足を組むことで身体の歪みになってしまうものであり、
これは太る原因にもなっています。

これは、身体に歪みができることで、体の本来つくべきところでない場所に、
贅肉などが付きやすくなってしまうことが原因であり、そのために、肥満につながってしまうものなのです。

そのため、これらの歪みを解消する方法としては、定期的に足を組まないように意識などをしっかりとすること、
また組んでしまう理由としては、イライラした時などに、足を組みやすい傾向があるとされていることから、
出来るだけリラックスすることが大切であるとされています。

例えば、ハーブティーなどを仕事の休憩時間などに飲む、
または夜など、落ち着きたい時などに飲むことで、イライラを解消することが出来るため、
とても効果的であるとされています。

 

足を組むと肩こりや太る原因になる

 

足を組むと肩こりや肥満の原因になってしまう、このように言われています。

これは、足を組むと、体の本来あるべき姿勢が崩されてしまうことから、
このように肥満になってしまうと言われています。

上記でも述べましたが、体の本来のあるべき姿から、姿勢や骨格などがずれてしまうと、
とても贅肉がつきやすく、特に運動不足の人であればあるほど、
余計な部分に贅肉がつきやすくなってしまうため、肥満と同時に、肩こりがとても引き起こされてしまうのです。

また、肥満と肩こりはとても密接な関係にあり、
肥満の人ほど、肩の痛みや首の痛みを訴えるケースがとても多いとされています。

これは、運動不足で、血液の循環などの巡りがとても悪く、
それと同時に、余分な贅肉などが先述したような
血液の循環を悪くしてしまうため、肥満と肩の痛みは、このように大きな関係があるのです。

そのため、足を組んでしまうことから、まずは肥満につながると同時に、
さらにそこから、贅肉がついてしまう関係で、肩のこりなどにつながってしまうとされています。

このような悪循環を治すためには、足を組まないように気を付けることと、
さらには、運動を定期的に行うことで、体を本来の形に戻すことが必要となってきます。

 

肩こりや太る原因とは?

 

肩こりや太る原因には色々なものがありますが、どのようなことが原因で、
このような肩こりや太る原因に、大きくつながってしまうのでしょうか?

まずは、足を組むことで、余計な贅肉が体につく、このようなことは上記で述べたようにあります。

また、運動不足が多いと、それに拍車をかけて、贅肉が落ちてくれないため、
贅肉のために、血液循環が悪くなる、そのことから、肩こりや、肥満の原因となっています。

このため、しっかりとした、規則正しい生活を送ると同時に、
どうしてもイライラしてしまった場合には、
人間の本能として、過食などに走ってしまうことがあることから
このようなイライラを少しでもなくすためには
出来る限り、リラックスをすることがとても大切です。

リラックスをするためには、心を落ち着かせる効果のあるサプリメントの活用や、
ハーブティーを飲んで、活用することで、かなりのリラックス効果が得られるとされています。

また、ハーブティーは、昔からいろいろな国で愛されてきたものであると同時に、
西洋医学に通じるものもたくさんあり、
健康に利点が多いものも多くあります。

とてもリラックス出来る効果が高いため、
つい、イライラしてしまった時には
このようにハーブティーを活用することで、かなりの高いリラックス効果を得られます。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」

 



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索