スピルリナの安全性とは? 妊娠中に飲んでも大丈夫?

スピルリナの安全性とは? 妊娠中に飲んでも大丈夫?

今注目のスピルリナとは?

 

ダイエットや筋肉トレーニングをする際に特に気を付けなければいけないのが食生活です。

いくら必死にトレーニングを積んでも栄養のバランスを考えて食べないとすべてが無駄になってしまいます。

さらに今までは筋肉を中心に鍛えたい時は、プロテインの服用もしなければならないと考えられてきました。

ですが、このプロテインの代わりになるものが注目されています。

それが、スピルリナというものです。

このスピルリナとは栄養素がとても多く含まれている藻です。

スピルリナには60%から65%のたんぱく質に、リンマグネシウム亜鉛鉄分
カルシウムなどといったミネラルが13%含まれています。

他にはビタミンB群や非酸化ヒコシアニンも豊富に含まれています。

また、クロロフィルフィコシアニンが多く含まれているので元気の促進にも効果があります。

ですのでダイエットやエネルギーの補給または健康維持などの目的のために利用されています。

このようにスピルリナには様々な人間に必要なエネルギー源があります。

ですが、ここで一つ疑問が浮かびがってきます。

安全性についてはどうなのでしょうか?

またどんな人にも利用することは可能なのでしょうか?

 

スピルリナによる効果とは?

 

スピルリナの効果は大きく分けて四つあります。

 

一つ目が栄養価が非常に高いため、栄養食として利用することができる。

二つ目が免疫システムの強化。

三つ目が空腹感を減らすのでダイエットの際では助けとなる。

四つ目は解毒効果が優れているため、体の中の老廃物や重金属などの排出を助けてくれる。

 

といった効果を持っています。

人間はビタミンB12が不足になってしまうと
神経系や睡眠の障害、悪性貧血、消化器官の障害などを引き起こしてしまいます。

鉄分不足になると貧血が起こりやすくなります。

また、アミノ酸が不足してしまうと成長の阻害、免疫力の低下、脳や神経の機能低下、
アレルギー症状、エネルギー不足、動脈硬化、利尿作用の低下、体力の減少などが起きやすくなります。

他にはPHレベルを維持してくれる働きがあり、今の時代特有である加工食品に依存している傾向だと
体が酸性ぎみになる可能性があります。

体が酸性化してしまうと病気になりやすくなり、
さらにガンになるリスクも高まるという研究結果があります。

スピルリナはその酸性化を抑えてPHレベルを適切なレベルで維持してくれる働きを持っています。

このようにスピルリナは人間の体を支えてくれるものとなっています。

 

スピルリナは副作用や妊娠中の人にも利用はできるのか?

 

これまでは、スピルリナがもたらしてくれるメリットの部分でしたがデメリットの部分はあるのでしょうか?

実は、主だって、デメリットらしいものはありません。

ですが、当然使用をきちんと守らないと
副作用として発疹や胃の不快感、下痢などといったことが起こる可能性があります。

スピルリナは妊娠中の人も利用することはできます。

胎児にも特に悪影響はありません。

薬ではないので大丈夫なのです。

ですが、使用上の注意をよく読んで正しい用量で利用してください。

スピルリナは今や様々な企業から販売されているので様々な種類のスピルリナがあります。

商品によっては一日の服用の目安は2粒から3粒、10粒から30粒と様々です。

使用上の注意をよく見ないで使用してしまうと、
どの医薬品、どのサプリメント、どの食品でも言えますが、
胎児にの悪影響を及ぼす可能性がありますので注意してください。

また、小さな子どもやアレルギー体質の人、多発性硬化症、全身性エリテマトーデス、
関節リウマチ、他の自己免疫疾患、フェニルケトン尿症の人が服用してしまうと
症状を悪化させてしまう可能性がありますので使用を避けてください。

小さな子どもに関しては大人より敏感に反応してしまうため、
病気を持っていないとしても悪影響を及ぼす可能性はありますので服用を避けてください。

注意すべき人は注意しつつ、メーカー推奨の適量を守って利用することが
妊娠中でなくても、どんな人でも大切です。

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索