10-ヒドロキシデカン酸は、脂肪酸の一つで、ローヤルゼリーの構成成分の一つです。

10-ヒドロキシデカン酸は、ロイヤルゼリーの中に含まれており、
10-ヒドロキシデカン酸の主な働きは有機酸の一つとして抗酸化作用があり、

10-ヒドロキシデカン酸を摂取すると生活習慣病の改善や、がんの予防などが期待できます。

 

また、化粧品などで用いられる10-ヒドロキシデカン酸BGという成分では、ニキビ予防などが期待されています。

そのため適切な量の10-ヒドロキシデカン酸の摂取が大切となっています。

 

10-ヒドロキシデカン酸は不飽和脂肪酸であるデカン酸が、ヒドロキシ基化した成分のことを言います。

10-ヒドロキシデカン酸は、ローヤルゼリーの中に含まれており、
10-ヒドロキシデセン酸と一緒に体内で抗酸化作用として働きます。

その結果、ニキビを予防したり、シミや、ソバカスを減らすことで肌にハリやツヤを与えてくれます。

さらに現在では、10-ヒドロキシデカン酸の成分だけを使い化粧品などにも用いられています。

 

10-ヒドロキシデカン酸は抗酸化作用としての働きのほか、以下のような効果効能があります。


10-ヒドロキシデカン酸の主な効果/効能/作用

・ニキビを減らす(皮脂分泌をコントロールするため)

・更年期障害を予防する(エストロゲンと同じ働きがあるため)

・糖尿病を予防する(血糖値を引き下げるため)

・動脈硬化を予防する(血中コレステロール値を下げるため)

 

こうした10-ヒドロキシデカン酸の効果効能は、ローヤルゼリーに由来することが多くなっています。

 

この10-ヒドロキシデカン酸の過剰摂取による副作用はまだ分かっていない点があります。

そのため、摂取量の目安としては日本健康・栄養食品協会のローヤルゼリーの摂取量で1日当たり500mg~3000mgが適当です。

 

10-ヒドロキシデカン酸を多く含む食品はローヤルゼリーに含まれています。

ローヤルゼリーは、生のモノやサプリメントで摂取することができます。

また、サプリメントを摂取する際には、「ミネラルウォーター」で飲むことで効果を高めることに繋がると言われています。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ