ビタミンEは脂溶性ビタミンの一つで、トコフェロールともいいます。

脂溶性ビタミンの中には、ビタミンAや、ビタミンDがあり、
ビタミンEの主な働きは、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

このほかにも、毛細血管の血行を良くする役割があり、
ビタミンEを摂取していると腰痛や冷え性、頭痛などを改善する効果効能があります。

そのため、このビタミンEの摂取が不足すると活性酸素の影響を受けやすくなり、シミやソバカスができやすくなります。

ただし、通常の生活をしていれば不足することはないので安心してください。

 

ビタミンEは、1820年に発見されました。

そして、化学名であるトコフェロールは、
ギリシャ語の「子どもを生む」と「力を与える」という意味に由来して名づけられました。

発見当初は不妊を防ぐ栄養素として見られていたため、このような名前のつけられ方をしています。

 

現在では、このビタミンEは8種類に分けられることが分かっており、強い抗酸化作用があることが分かっています。

そのため、ビタミンの中では美容効果が高いため、「若返りのビタミン」と呼ばれ、シミや、ソバカスを減らしてくれると期待されています。

ビタミンEは活性酸素の除去や血行を良好にする役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

ビタミンEの主な効果/効能/作用

・ガンを防ぐ(抗酸化作用により活性酸素を除去するため)
・アルツハイマーを防ぐ(脳神経を保護する働きがあるため)
・動脈硬化を防ぐ(血流を改善するため)
・生殖機能を高める(ホルモンバランスを整えるため)

こうした働きのほか、ビタミンEには活性酸素を防いで老化を防ぐなどの美容効果があります。

ただし、ビタミンEの過剰摂取は骨がもろくなり、骨粗鬆症などを引き起こす可能性がありますが、
通常の生活をしている場合、過剰摂取になる恐れはないので安心してください。

 

摂取量の目安として
厚生労働省はビタミンEの1日の摂取量をビタミンEは成人男性(18~29歳)が7.0mg、成人女性(18~29歳)が8.5mgとしています。

ビタミンEを多く含む食品は、アユなどの魚介類や、モロヘイヤなどの野菜に多く含まれています。

 

こうした食品を油と一緒に摂取することで吸収率を高めることが出来ます。

また、ビタミンE配合のサプリメントも販売しているので、ビタミンのバランスを整えるのであればこうしたものを使うのもいいでしょう。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索