ビオチンは水溶性ビタミンの一つであり、ビタミンB群に含まれます。

ビオチンはビタミンB群の中では「ビタミンB7」とも呼ばれています。

 

ビオチンは1935年にオランダにて卵黄の中から発見されました。

ビオチンの働きはブドウ糖をリサイクルしたり、脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝に関わる酵素の機能を補助しています。
そのため、ビオチンが不足すると筋肉痛や疲労感といった症状がでるようになります。
したがって、適量のビオチンを摂取することが大切になります。

ビオチンは酵素としての補助機能のほか、以下のような効果効能があります。


ビオチン(ビタミンB7)の主な効果/効能/作用

ブドウ糖の再合成補助の働き(ブドウ糖をエネルギーに変換する補助をするため)
・核酸の合成を促す(DHAの成分の生成を助けるため)
・脱毛を予防する(アミノ酸の代謝を補助するため)
・糖尿病の予防(血糖値を引き下げるため)

 

ビオチンの過剰摂取による健康被害は確認されていません。

それというのも水溶性のため過剰に摂取しても体内に吸収されないためです。
ですが、目安量としては成人男女(18~29歳)で50マイクログラムとなっています。

 

そして、ビオチンを多く含む食品は、レバーなどの肉類やカレイやイワシなどの魚類に多く含まれます。

摂取上の注意点としては、卵白などに含まれる「アビジン」が、ビオチンの吸収を妨げてしまいます。

そのためこうした「アビチン」を含む食品と一緒に摂取する際には「加熱調理」する必要があります。

またビオチンを摂取する際には「他のビタミンB群と一緒に摂取する」と、ビオチンの効果が高まるのでお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索