ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一つで、レチノールと呼ばれることもあります。

 

脂溶性ビタミンには、ビタミンDや、ビタミンEが含まれ、
ビタミンAの主な働きは、目の病気を防ぐ役割があります。

このほか、子どもの成長を促す役割があります。

そのため、このビタミンAの摂取が不足すると目に関する病気を引き起こし、
夜、ものが見えにくくなる夜盲症などを引き起こしてしまうのです。

ただし、通常の生活をしていればビタミンAの不足を引き起こすことはないので安心してください。

 

ビタミンAは1913年に発見され、当初は脂溶性Aと呼ばれていました。

そして1922年に、くる病を防ぐ因子を除いた成分が、ビタミンAであると命名されたのです。

今日では、このビタミンAは目を健康に保つ働きをしたり、皮膚の健康維持をする成分だと分かっています。

 

ビタミンAは目の病気を防いだり、子どもの成長を促す役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

ビタミンAの主な効果/効能/作用

・夜盲症を予防する(ロドプシンの働きを高めるため)
・動脈硬化を防ぐ(活性酸素を除去する役割があるため)
・ガンの予防をする(活性酸素を除去する役割があるため)

 

こうした働きのほか、ビタミンAは、粘膜や皮膚を健康に保つ役割があります。

粘膜を強くする結果、ビタミンAには免疫力を高める働きもあるのです。

 

ただし、ビタミンAの過剰摂取は頭痛や吐き気、脱毛などを引き起こすため注意が必要です。

また、悪化すると脂肪肝や骨障害なども引き起こしてしまいます。

特に、ビタミンAは体内に蓄積されやすいため、注意が必要です。

 

摂取量の目安として厚生労働省は
ビタミンAの1日の摂取量をビタミンAは成人男性(18~29歳)が850マイクログラム、成人女性(18~29歳)が700マイクログラムとしています。

 

ビタミンAを多く含む食品はレバーなどの肉類や、ウナギやアンコウなどの魚類に多く含まれています。

そして、ビタミンAを含む食品を効率良く吸収するには、油と一緒に摂取することが良いとされています。

 

また、ビタミンAなどが配合されているサプリメントやマルチビタミンタイプもあるので、ビタミンをバランスよく摂取するにはお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索