テオフィリンは茶葉の苦み成分で、アルカロイドの一種として知られています。

テオフィリンは主に気管支の緊張を抑える働きなどがあります。
普段の生活ではあまり口にすることはないのですが、お茶などには含まれているため知っておくといいでしょう。

 

テオフィリンは、1888年にドイツ人によって発見されました。

当時は、ぜんそくへの特効薬として利用されており、
現在ではぜんそくをはじめ、気管支炎などの治療薬として使われるようになっています。

そのため、テオフィリンは主として医薬の面で利用される物質なのです。
また、普段の生活では茶葉にも含まれており、お茶からテオフィリンを摂取しています。
ですが、医薬品と比較すると、普段の生活ではテオフィリンの摂取は少量になっているので安心してください。

 

テオフィリンは主に医学の面で利用され、以下のような症状に利用されることが多いです。

・ぜんそく(気管支内腔を広げる作用があるため)
・気管支炎(気管支内腔を広げる作用があるため)
・うっ血性心不全(心臓の拍動を早くする働きがあるため)

 

テオフィリンは以上のような症状に効くようになっています。

ただし、過剰摂取をすると、めまいや、おう吐などの病気を引き起こす可能性もあります。
そのため、摂取量に関しては用法用量を守る必要があるので注意してください。

もちろん、普段のお茶では副作用を起こすほどの摂取には至らないので、心配しなくて大丈夫です。

 

ぜんそくなどの薬を飲んでいる際には、「カフェイン」と一緒に摂取することを控えましょう。

これはテオフィリンが、カフェインと近い構造を持っているため、
テオフィリンの副作用を引き起こしてしまうためです。

またチョコレートも同様にテオブロミンが近い構造をしているため、副作用を引き起こしやすくします。

そのため、テオフィリンを摂取している際には、カフェインやテオブロミンを同時に摂るのは避けるようにしてください。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ





LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索