テオブロミンは、カカオに含まれる成分として知られていて、アルカロイドの一種として認知されています。

テオブロミンの主な働きは、脳を活性化して集中力や記憶力を高める働きがあります。
そのため、このテオブロミンの摂取が不足すると、判断力が鈍ったりするのです。

こうした物事への判断の悪化を防ぐために、適切な量のテオブロミンの摂取が必要となっています。

 

テオブロミンは、天然の成分としては、ほぼ「カカオ」のみに含まれているという固有の成分です。

チョコレートや、ココアの苦み成分として知られており、コーラなどにも利用されています。

 

テオブロミンは1878年に発見され、ギリシャ語の「神の(theo)食べ物(broma)」に由来して名づけられました。

テオブロミンは医薬の分野で利用されており、以前は動脈硬化や高血圧などの病気にも利用されてきました。
現在では、血管拡張薬として使われたり、利尿薬として医療の面で使われています。
そのため、チョコレートなどからテオブロミンを摂取すると、
血流がよくなりリラックスをすることが出来たり、集中力が高まるのです。

テオブロミンは脳を活性化させ集中力を高める働きのほか、以下のような効果効能があります。

テオブロミンの主な効果/効能/作用

・リラックス効果がある(自律神経を調整するため)
・ダイエット効果がある(血流を良くし、基礎代謝率を高めるため)
・集中力、記憶力、思考力を高める(大脳を刺激するため)

 

これらの効果はカフェインにも似ていますが、
テオブロミンはカフェインよりも緩やかに成分が吸収されるようになっています。

そのため、リラックス効果なども穏やかに得ることが出来るようになっているのです。

ただし、テオブロミンの過剰摂取は利尿作用を引き起こしたり、
興奮作用を高めてしまうことに繋がります。
気持ちが高まりすぎることが起きたりするため、幼児などの過剰摂取は控えたほういいです。

 

テオブロミンを多く含む食品にはカカオがあり、一般にはチョコレートやココアとして食されることが多いでしょう。

そのため、高カカオのチョコレートを食べる際には摂取量に気をつけることが大切です。
また、チョコレートとして食べるのであれば、
1時間当たりに1欠片分程度で十分な量のテオブロミンを摂取できるので、
一度にあまり摂りすぎないようにしましょう。

また、カカオの成分を上手に摂るのであればチョコレートのデザートソースがオススメとなっています。

そのため、他のデザートと一緒に食べてみるのもいいかもしれません。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ





LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索