まずはストレス対策!女性が不妊治療を開始するときの心構え

まずはストレス対策!女性が不妊治療を開始するときの心構え

赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない状態が続くと、
このまま妊娠できないのではないかと不安感が募る方が増えてきます。

パートナーと一緒に産婦人科を受診して、不妊治療を検討するカップルもみられます。

不妊の原因は、男性側、女性側にそれぞれあるといわれ、
男性の側には性機能障害や精液の性状に関わる問題などがあげられ、
女性側では、主に、排卵障害や卵管の閉塞、子宮や頸管の問題などがあげられます。


しかし、実際の不妊では、こうした機能的な問題がなくても妊娠できないケースが多く、
全体の3分の1を占めているとされています。

一般的には、卵子の環境などから、
できるだけ早い時期に不妊治療を開始する方が、妊娠しやすいといわれています。

そのため、ある程度の期間妊娠できなかった場合には、
不妊治療に移行するカップルも比較的多くみられます。

一方で、ゴールの見通しが立たない不妊治療は、カップルにとって大きなストレスにもなります。

不妊治療を続けながら、自然に赤ちゃんを授かるための対策として、
こころのゆとりを保ちながら治療を受けられるようにすることが大切です。

不妊の主な治療法としては、タイミング法や人工授精、体外受精や顕微授精などがあり、
人工授精から、体外受精、顕微授精に移行するにつれて、かかる費用も膨らんでいきます。

次は妊娠するかもしれないと年数を重ねるうちに、経済的な負担が大きくなるケースも目立ちます。

不妊治療を始める際に、夫婦で、どのくらいの費用がかけられるか、
何年程度、治療に取り組むか、
あらかじめ話し合ってゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。

治療以外のことを考えて2人で楽しむ時間を持つと、ストレスを和らげる効果があります。

日常の中でも運動をしたり、
ハーブティーなどを飲んだり、と
ストレス過多にならないように過ごすことも大切です。

常に考えすぎるのではなく、二人の時間を楽しみつつ、
治療計画なども両立して立てていくことでストレスの負担を軽減し、
不妊治療に取り組んでいけると良いでしょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「シーププラセンタ20000mg」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索