高齢でも出産できる?不妊治療で心得ておきたい「年齢」というデメリット

高齢でも出産できる?不妊治療で心得ておきたい「年齢」というデメリット

一昔前、女性は30歳を過ぎてから初産を迎えると高齢出産と言われていましたが、
今の時代はそれが35歳にまで延長されていて、
結婚しても子供を持つことを先送りして仕事や趣味に打ち込む女性が増えています。

それが悪いこととは言いませんが、
女性の体というのは医療がどれだけ進歩しても古代から基本的に変わっていないんです。

り30代に入ってから妊娠を試みるよりも
20代のうちに妊娠しておく方が経過も良好で出産も安産であることの方が多いのです。

しかし、近年は優秀な不妊治療のおかげでかなりの高齢でも妊娠できると考えている女性が増え、
不妊治療の専門クリニックは初診を数か月待つことも珍しくありません。

確かに不妊治療の進歩のおかげで様々な理由で
自然妊娠できなかった人たちが子どもに恵まれていますが、
それは比較的年齢が若い人に訪れる幸運だということを
頭の片隅に置いておいてほしいものです。

いくら優れた技術があっても不妊治療の成功を決めるのは卵子の年齢、
いかに良質な卵子があるかということが医療界の常識で、
誰でも高齢出産ができるというわけではないのです。

実年齢よりも卵巣年齢が若い人はやはり成功率も上がりますし、
逆に実年齢が若くても卵巣機能が弱っている場合は望む結果が出ないこともあります。

また、妊娠しても子供に重い障害が判明するリスクも
年齢が上がるほどに増えていき、流産や死産の確率も上がります。

いずれにせよ、確実に妊娠できる治療方法ではないので、
それを忘れずに治療することが大切です。

特に体外受精以降の高度不妊治療は心身ともに疲弊しますし、経済的な負担も相当です。

自分を追い込みすぎず夫婦ともに、ゆとりを持って臨むことが妊娠への近道と言えるかもしれません。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「シーププラセンタ20000mg」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索