ある程度のあきらめが必要?不妊治療で病院にかかる費用&相場

ある程度のあきらめが必要?不妊治療で病院にかかる費用&相場


夫婦2人とも特に問題がなく、避妊をやめて子どもを望んだ場合は
通常2年以内に9割が子どもを授かることができると言われています。

しかし、その期間を過ぎてもなかなか子宝に恵まれない場合、
病院で相談して不妊治療をスタートする人も少なくありません。

不妊治療はデリケートな分野ですし、普通の病気を治療するのとはストレスの大きさが違います。

心身のストレスやプレッシャーも大きいですが、治療が進むにつれかかる費用も大きくなっていきます。

タイミング法や排卵誘発剤の投与ぐらいであれば1回につき数千円で済みます。

人工授精ですと病院にもよりますが1万円から3万円代というのが相場となります。

最も費用に開きが大きくなるのが体外受精や顕微授精といった高度不妊治療になります。

保険適用外の治療になり、病院が自由に価格を決められるため、
人気のある病院だとさらに費用は高くなる傾向があります。

体外受精ですと、安いところで20万円ぐらいから可能ですが、
知名度や実績のある個人クリニックでは50万から60万円にも上ることも珍しくありません。

そのほかに成功報酬型というスタイルのクリニックもありますので、
説明会などに参加して事前に調べておくと安心でしょう。

顕微授精になると、体外受精の金額にプラスして5万円程かかることが多くなり、
出費に関してはある程度あきらめが必要と言えます。

該当する条件の方にはお住まいの自治体によっては、わずかですが助成金が出ますので、
治療をすると決めたらしっかり調べ、領収書などは保管しておくようにします。

それほどの費用をかけて努力をしても、
妊娠率は年代にもよりますが3割から4割ほどですので、
それを考慮して回数を決めて行うようにするのがいいかもしれません。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「シーププラセンタ20000mg」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索