【不妊治療】注射で対策する方法と流れ

【不妊治療】注射で対策する方法と流れ


不妊治療は、まずタイミング治療からスタートします。

通院し、卵胞の大きさなどを確認し、排卵のタイミングを逃さぬよう指導する方法です。

もちろん、不妊の原因をさぐる為、夫婦とも検査を受ける必要があります。

そのタイミング治療でうまくいかなかった場合には、ステップアップを考えます。

それが、人工授精という方法です。
排卵が起こるタイミングを見計らい、そこに精子を送り込む方法です。

このタイミングや人工授精のときにも、hcgという注射を利用する場合があります。

排卵を確実にさせるためには、必要なのです。
排卵が、たとえうまくいっても、ピックアップ障害などの可能性もあり、
なかなか妊娠につながらないことも多いのです。

そこで、最後の手段の高度不妊治療として、排卵前の成熟した卵胞を複数育てて、
体外にて精子と受精させる体外受精があります。

体外受精の中には、顕微授精も含まれます。

内服薬も用いますが、卵の成長具合や採卵個数によっては、
注射が用いられることも多くなっています。

そのためだけに通院することも多く、宿泊をしなければいけないなどのケースもありました。

その為、患者の負担になっていました。
特に遠方から通っている患者さんにとっては、大きな悩みでした。

不妊治療を続けるためには、頑張ってきた仕事を辞めなくてはいけないことも多かったのです。

今では卵を育てていく時に使用するhmg(排卵誘発剤)や、
hcg(排卵を促す薬)を、自宅で自己注射をすることで、
不妊治療における通院の負担を軽減するなどの対策がとられています。

待ち時間の削減にもつながります。

方法については、看護士さんから直接指導を受けます。

中には、ご主人様が練習を受けて、奥様に注射してあげるケースもあります。

どんな場合でも夫婦で助け合っていく事が
治療中のストレスの影響も軽減する力となるでしょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「月見草オイル サプリメント」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索