サメ肝油は、深海鮫肝油(エキス)の事であり、
深海の水深700~1,500メートルに生息しているサメの、肝臓から抽出した油のことを言い、

深海鮫は、全体の重量の約25%が肝臓で、そのうちの80%以上が油です。

エイや、タラ、サメなどの肝臓から抽出したものを肝油とされ利用されていますが、
その中でもサメの肝油には、スクワレンという成分が含まれており、
オメガ3系の脂肪酸(DHAEPA)、スクアラミンなども含まれている事から
非常に優秀な健康補助食品として注目されています。

 

DHAは、ドコサヘキサエン酸の事で、知能への影響に優れていると言われ、
EPAは、エイコサペンタエン酸の事で、血液をサラサラにする作用があり、
更に、スクワレンは、抗酸化作用があるため、また、サメ肝油は無臭であるため、美容商品(化粧品の原料)にも用いられています。

 

近年では、サメ肝油は、がん、高血圧症、肝臓病、などに有効であることが分かっているため、
サプリメントなど益々、注目されています。

深海サメは、その深海の過酷な中で生活をしているため、
(水圧、温度が低い、酸素が少ない、など)
その生命エネルギーに基づく効果とも言えるでしょう。

 

サメ肝油の主な効果/効能/作用

・血液サラサラ効果
・脂肪燃焼効果(ダイエット効果)
・がん抑制効果(抗がん作用)
・アンチエイジング効果
・肩こり、腰痛症状の改善
・肝臓病、高血圧症の予防
など

 

・血液サラサラ効果

サメの肝油にはスクワレン、オメガ3系脂肪酸(DHAEPA)、スクアラミンなどの、非常に優れた成分が含まれています。

その中の、EPAは「エイコサペンタエン酸」という油脂で、
血液をサラサラにする効果があると言われており、特に動脈硬化の予防をすると言われています。
更に、医学的に研究、注目されている成分であり、ガンや肝臓病、高血圧症などに有効で事が分かってきています。

 

・脂肪燃焼効果(ダイエット効果)

サメ肝油には、「炭素鎖27」と呼ばれる成分があります。

この成分は、身体の血液中の中性脂肪の数値を下げる効果や、
血管の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールの数値を下げる効果があり、
この血管に付着した悪玉コレステロール除去してくれる効果があるので、ダイエットにも効果的であると言われています。

 

・がん抑制効果(抗がん作用)

サメには、天然の抗がん作用があり、免疫力を高めると言われています。

そのサメの肝臓に含まれるスクワレンは抗がん効果が高く、副作用もないと言われており、
スクワレン抽出液は、赤痢菌や、大腸菌、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌などの様々な病原菌を取り除く作用があると言われています。

サメ肝油には、ビタミンAも含まれており、夜盲症、眼球乾燥症の防止、がん予防が、

サメ軟骨には、コンドロイチン硫酸と特別なたんぱく質が含まれており、抗がん作用が、

スクワレンには、身体の免疫力を向上し、ガンの進行を抑える抗がん作用があります。

スクワレンの作用としては、血小板、白血球の数を増加させ、
白血球のマクロファージの活動を飛躍することで抗がん作用を高めます。
(マクロファージは、がん細胞、ウイルスを取り込み食べ、除去してくれる細胞で、
それらのがん細胞やウイルス情報をリンパ球に伝達する働きをします。)

血液サラサラ効果でも触れましたが、スクワレンはがん細胞が増殖する際に栄養分を吸収するための
新しい血管を作る働きを抑制する効果があり、
それにより、がん細胞の増殖も防止すると言われています。

世界各国で行われている臨床研究でもスクワレンの、がんへの臨床結果、
更に、放射線治療の副作用を軽減する効果も立証されてきていると言われています。

ただし、これらは、身体の免疫力を高め、抗がん作用を得ているため、
継続的に摂取しなければ、効果が現れてこないとも言われています。

 

・アンチエイジング効果

サメ肝油に含まれるスクワレンは、人の身体の皮脂の中にもありますが、老化に伴い減少すると言われています。

女性でのスクワレンの量のピークは、10代後半頃と言われており、25歳以降は減少する一方と言われています。

スクワレンの肌への働きは、細胞膜を構成しているコレステロールを作り出すことで、
皮膚は皮膚を保護するバリアゾーンで守られていますが、
スクワレンは、肌への浸透力を高める働きがあり(秒間 2.0mm)、薬や美容液、化粧水など、
肌の奥の奥まで浸透させることが出来るので、
薬や、美容液、化粧水などの効果を引き出せる効果があります。

 

・肩こり、腰痛症状の改善

人の痛みは発痛物質の信号の伝達より起こります。

スクアレンは副腎皮質ホルモンと呼ばれる物質に変わり
発痛物質であるブラディキニン、プロスタグランディンなどの働きを抑え、

さらに、酸素供給を増やす働きによって、腰痛、肩こりなどの関節痛や、
外傷、火傷(やけど跡の軽減などにも効果を発揮)、さらには、歯痛、虫に刺されたときの痛みを和らげ、
飲んだ際には、胃炎、胃潰瘍等の症状の軽減する働きも促します。

 

・肝臓病、高血圧症の予防

サメ肝油に含まれるスクワレンは、肝炎患者の肝障害、火傷や怪我、放射線治療よる皮膚の潰瘍などを改善して、

傷口癒合を促進させると言われています。

そのスクワレンは、「酸素の運び屋」とも呼ばれており、身体全体に十分な酸素を送り届ける作用があるため、
身体の細胞組織を活性化し、新陳代謝を高め、
内臓(特に肝臓)の機能を正常にする効果があるため、肝炎にも効果的であると言われています。

 

⇒ サメ肝油の効能、効果、作用について その1

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索