セロトニンは神経伝達物質の一つであり、落ち着きや安定感をもたらす物質です。

神経伝達物質には、ノルアドレナリンアセチルコリンなどがあり、
セロトニンの主な働きは、抑制系の神経物質であり、落ち着きや安定感をもたらします。

そのため、このセロトニンの分泌が不足するとうつ状態になってしまったり、逆に暴力的になったりしてしまいます。

こうしたことを防ぐために、適切な量のセロトニンの分泌が必要となるのです。

 

セロトニンは1948年に化学構造が決定された神経伝達物質であり、「血清」と「トーン」に由来して名づけられました。

セロトニンは必須アミノ酸トリプトファンから生成される神経伝達物質となっており、
気持ちを落ち着かせたり、感情を安定させる働きがあります。

また、ドーパミンノルアドレナリンなど、他の神経伝達物質に対しても抑止的に働くため、
過剰な興奮を止める働きがあることが分かっています。

セロトニンは気持ちを落ち着かせる働きのほか、以下のような効果効能があります。

 

セトロニンの主な効果/効能/作用
・片頭痛を治す(太い血管を収集区させ、細い血管を拡張するため)
・ダイエット効果がある(食欲を減退させるため)

このようにセロトニンが分泌されると、体の機能を制御するように働きかけます。

ただし、セロトニンの過剰分泌は「セロトニン症候群」と呼ばれる不安障害などを引き起こすため、
適度にコントロールする必要があります。

 

また、過剰分泌によって、錯乱状態に陥ったり発汗や発熱といった症状もあらわれるようになるので注意が必要です。

その一方で、セロトニンの分泌が少なくなると行動や感情を落ち着かせることができなくなり、
暴力的になってしまったり、あるいはうつ状態になってしまったりします。

 

特に、長期間ストレスにさらされる状態が続くと、不足状態になりやすくなってしまいます。

そのため、ストレスを軽減させるように、規則正しい生活を心がけたり、
適度な運動をすることでセロトニンの分泌を促すことができるのです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索