タンパク質は、三大栄養素の一つで、人間の様々な部分を構成しています。

また、タンパク質は、プロテインとも呼ばれます。

 

三大栄養素には炭水化物と脂質があり、タンパク質の主な働きは、筋肉や内臓、皮膚などの組織を作っています。

 

タンパク質は大きく分ける肉類や魚介類からなる「動物性たんぱく質」と、大豆小麦からなる「植物性たんぱく質」があります。

タンパク質が不足すると疲労がたまりやすくなったり、筋肉量が落ちたりと様々な影響が出ます。

 

また、このタンパク質を構成するアミノ酸によって、それぞれの症状が出るようになります。

こうしたことを防ぐために、適切な量のタンパク質の摂取が必要となるのです。

 

タンパク質は1838年に発見され、ギリシャ語で「最も大切なもの」という意味から名付けられています。

そしてタンパク質には動物性と植物性があり、その違いは次の通りです。

 

動物性たんぱく質は、ホエイカゼインアルブミンなどが含まれています。

こうした動物性たんぱく質の働きは主に免疫力を高め、筋力を強くすることにあります。

 

植物性たんぱく質は、大豆たんぱく小麦たんぱくが含まれ、コレステロール値を下げる働きなどがあります。

タンパク質は筋肉や内臓、皮膚などの組織を作るほか、以下のような効果効能があります。


タンパク質の主な効果/効能/作用

・インフルエンザなどを予防する(体を守るリンパ球やマクロファージ、グロブリンを生成するため)
・貧血を予防する(ヘモグロビンの構成要素となるため)
・高血圧を防ぐ(ナトリウムを排出するため)
・脳血管障害を予防する(血管を丈夫にするため)
・肌にハリと潤いを与える(コラーゲンを生成するため)

 

こうした他にも、丈夫な骨を作ったりと、身体のあらゆるものを構成しているのがタンパク質なのです。

 

また、タンパク質には、酵素になる酵素たんぱく質や、
脂質を運ぶ輸送タンパク質(アルブミン)などがあり、多くの機能に分類することもできます。

 

タンパク質の過剰摂取はエネルギーを取り過ぎてしまうため、肥満を引き起こす可能性があります。

そのため、摂取量の目安として
厚生労働省はタンパク質の1日の摂取量を成人男性50g、成人女性40gとしています。

また、妊婦さんなどによって必要とするタンパク質の量は変わります。

 

タンパク質を多く含む食品は肉類、魚介類、乳製品、大豆製品、小麦製品に多く含まれています。

そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「バランス良く」摂取することが大切です。

 

タンパク質をバランスよく摂ることによって、アミノ酸の偏りを減らすことができ、健康な毎日を送ることが出来るようになるのです。

そのために9種の必須アミノ酸と、11種の非必須アミノ酸を確認しながらタンパク質を摂取することが大切となります。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索