ポリフェノールは、植物の苦味や、渋味となっている化合物の総称のことをいいます。

このポリフェノールは、自然界に5,000種類以上あるといわれており、
その代表的なものに、アントシアニンや、レスベトラロールなどがあります。

 

このポリフェノールの主な働きは抗酸化作用を持つため、生活習慣病や、がんなどを予防する働きがあります。

そのため、このポリフェノールの摂取が不足すると、それぞれの栄養素に代表される症状がみられるようになるのです。

そして、多くの人がポリフェノール不足になっているので、
こうした病気を防ぐために、適切な量のポリフェノールの摂取が必要となります。

 

ポリフェノールは1992年にフランスにて発見され、「沢山のフェノール」という意味で名付けられました。

フェノールは、ベンゼン環に水酸基が結合してできた化合物です。

この水酸基に抗酸化作用が含まれており、活性酸素を除去してくれます。

そのため、今日ではポリフェノールは化粧品などに使われ、
シワやソバカスができるのを減らしたり、ガンを予防したりするのです。

ただし、ポリフェノールは水に溶け出しやすいので、毎日の摂取が重要となります。

ポリフェノールの代表的なものとその効果効能は以下の通りです。

 

ポリフェノールの主な効果/効能/作用

フラボノイド(赤ブドウのアントシアニンなどが含まれ、目の疲れを改善する)

・フェノール酸(コーヒーに含まれ、消化器を改善して尿意を促す)

・エラグ酸(イチゴなどが含まれ、美白効果がある)

・リグナン(ゴマに含まれて、更年期障害などを改善する)

・クルクミン(ウコンに含まれる黄色の色素で、肝機能を高める働きがある)

・クマリン(桃橘類に多く、甘い香りを放つ)

 

ポリフェノールには、こうした成分のほか、お茶に含まれるカテキンには殺菌効果もあります。

また、木の幹に含まれるタンニンには毛穴を引き締める作用などがあり、
こういったポリフェノールを全て合わせると5,000種以上にものぼります。

 

そして、このポリフェノールの過剰摂取は基本的には特に問題はありません。

しかし、大豆イソフラボンや、カテキンなどの一部のポリフェノールには副作用がある場合も存在し注意が必要です。

 

そのため、摂取量の目安としては、ポリフェノールの1日の摂取量を1500mgとしています。

 

こうしたポリフェノールを多く含む食品は、アントシアニンであればブルーベリービルベリーレスベラトロールなら赤ワインなど、

それぞれの成分を取るには、それぞれの食品を摂取する必要があります。

そのため、ポリフェノールを効率よく摂取するにはサプリメントが販売されているので、それで摂ることがお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索