ペクチンは食物繊維の一つであり、不溶性食物繊維のものと、水溶性食物繊維のものがありあます。

ペクチンは1825年に発見され、ギリシャ語で「硬い」という意味から名付けられています。

 

このペクチンを食品として加工すると、水に溶けだし、ジャムのとろみの成分として働きます。

 

ペクチンの主な働きはコレステロール値を抑える役割があります。

そのため、ペクチンなどの食物繊維が不足するとコレステロール値が上がってしまいます。
こうしたことから、適切な量のペクチンを摂取することが大切です。

ペクチンはコレステロール値を抑える働きのほか、以下のような効果効能があります。


ペクチンの主な効果/効能/作用

・血糖値の上昇を抑える(ブドウ糖の摂取を抑えるため)
・便秘、下痢を解消する(腸内の善玉金である乳酸菌を増やすため)
・疲労を回復する(腸内環境を整え、栄養の吸収を促進するため)

ただし、ペクチンを過剰摂取すると下痢を引き起こし、ミネラルを排泄してしまう可能性があります。

 

そのため、食物繊維の摂取量の目安としては、厚生労働省は成人男性19g以上、成人女性17g以上、
さらにその割合が水溶性食物繊維は1、不溶性食物繊維が2となることが好ましいです。

 

こうしたペクチンを多く含む食品には、リンゴやミカンなどの果物に多く含まれます。

 

ペクチンを摂取する際に気をつけることは「水分と一緒に摂取すること」です。

こうすることで、ペクチンに含まれる食物繊維が水に溶けだし、排便がスムーズになります。

 

また、硬い食品から摂取する際には「良く噛むこと」も大切です。

このようにすると食物繊維を体内で効率良く利用することが出来るようになります。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索