オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つで、代表的な一価不飽和脂肪酸の一つです。

オレイン酸は1960年代に地中海沿岸地域の人が心臓疾患の死亡率が低い理由を解明していくうちに発見されました。

その働きは、血中の悪玉コレステロールを減らす特徴があります。

そのため、オレイン酸の摂取量が少なくなると高血圧を引き起こす可能性があります。

 

最近では食品としてだけでなく、化粧品としても用いられています。

オレイン酸は悪玉コレステロール値を下げると言ったことだけでなく、以下のような効果効能があります。


オレイン酸の主な効果/効能/作用

・動脈硬化や心臓疾患を予防する(コレステロール値を調整するため)
・便秘を解消する(調の働きを活性化するため)
・胃もたれや胸やけを軽減する(胃酸の分泌が少なくなるため)

 

ただし、オレイン酸は脂肪酸の一つのため、摂取しすぎると肥満の原因になるなどの弊害もあります。

そのため厚生労働省は脂肪酸の摂取割合を、飽和脂肪酸が3、一価不飽和脂肪酸が4、多価不飽和脂肪酸が3の割合で摂取することを勧めています。

 

そして、オレイン酸を多く含む食品はオリーブオイルや菜種油などがあります。

これらの食品の特徴は他の脂肪酸に比べて酸化しにくく「長期間の保存が出来る」という点です。

また「加熱にも強い」という特徴もあるため、調理にも使いやすい食品となっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索