ヌクレオチドは、化合物の一つであり、ヌクレオシドに、リン酸が結合した成分のことをいいます。

ヌクレオチドは、ローヤルゼリーの構成成分の一つで、ヌクレオチドの主な働きは体内での代謝を調整する役割があります。

 

このヌクレオチドの摂取が不足すると、代謝が悪くなり様々な病気を引き起こす可能性が大きくなります。

こうしたことを防ぐために、適切な量のヌクレオチドの摂取が必要となるのです。

 

ヌクレオチドは、DNA(デオキシリボ核酸)や、RNA(リボ核酸)の構成単位です。

そのため、いろいろな組織に存在してその組織情報を保つようなっています。

 

現在では、このヌクレオチドが体内で様々な生理的機能を持つことから注目が集まっています。

ヌクレオチドは体内の代謝を調整する役割のほか、以下のような効果効能があります。


ヌクレオチドの主な効果/効能/作用

・病気を予防する(免疫細胞を活性化させるため)
・ダイエット効果がある(脂肪代謝を改善するため)
・便通を促す(腸内のビフィズス菌を増殖させるため)

 

こうした働きのほか消化機能を高めたり、ミネラルの利用性を向上させたりするなどの効果効能があります。

ただし、ヌクレオチドの過剰摂取はアレルギーを引き起こす可能性があります。

そのため、摂取量の目安として日本健康・栄養食品協会ではローヤルゼリーの摂取量で1日当たり500mg~3000mgとなっています。

 

ヌクレオチドは、ローヤルゼリーに含まれています。

そのため、摂取する方法は生で食べるか、

サプリメントで摂取することが効率良く摂取できる方法となりますので、これらを活用することもいいでしょう。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索