汗をかけばいいってもんじゃない!新陳代謝と汗のメカニズム

汗をかけばいいってもんじゃない!新陳代謝と汗のメカニズム


汗をかくことで新陳代謝が良くなり、美容に良く、
美肌に近づけると思われている方は多いのではないでしょうか?

しかし、実は、ただ汗をかけば良いのではないのです。

汗のかき方によって逆に乾燥肌になったり、
ニキビや吹き出物ができてしまうこともあることをご存知でしょうか?

乾燥肌は、体内のメカニズムによって引き起こされていることも多々あります。

血の巡りが悪くなり体内に老廃物が溜まると肌荒れを起こし、
お肌に潤いを与えることが困難となり、さらにお肌の酸化を進めてしまうことになります。

そこでサウナや岩盤浴で暑くなって新陳代謝を上げ、
一気に汗をかいてしまおうと考える方も多いと思います。

しかし、そのようなかき方だと水分やミネラル分といった
本来、必要なものは出ていきますが、出て行ってほしい老廃物は、まったく排出されないのです。

したがって、老廃物は残ったまま、水分やミネラル分は排出されしまうので、
美肌どころか乾燥肌になってしまいますよね。

では、どのような汗のかき方が良いのか気になりますよね。

効果的に美肌に近づくために老廃物を排出させるためには、程度な運動を行い、
徐々に新陳代謝を良くしていき、じんわりと汗をかいていく方法が有効です。

運動を行うことで皮脂腺の動きを活発にし、毛穴に詰まった老廃物を一緒に排出することが大切です。

ただ暑いところでじっとしているより、ある程度、体を動かした方が新陳代謝も上がり、
皮脂腺の活動によって老廃物が排出され、同時にお肌のバリア機能も促すことになり、
美肌へ導きます。運動といっても激しい運動でなくて良いのです。

ストレッチを行ったり、ウオーキングを行ったり、
じっくり効いてきそうな自分に合った無理のない運動を毎日続けることが大切です。

そして、汗をかいたら、そのままにするのではなく、ふき取ることが大切です。

そのままにしてしてしまうと老廃物から細菌が繁殖し、ニキビや吹き出物ができてしまうこともあります。

また、ふき取る際もゴシゴシとお肌を擦るのではなく、優しくお肌をたたくようにしてふき取りましょう。

擦ることで肌の皮脂バリアを壊してしまいます。

せっかく老廃物が排出されたのに、ニキビや吹き出物ができたり、
お肌が傷ついてしまっては、何の意味もありませんよね。

また、適度に水分補給をして、脱水状態にならないよう
気をつけることで、お肌の潤いも保つことができます。

美容に良い汗をかいて美肌に近づけると嬉しいですね。

一度、お試しになられてみては、いかがでしょうか。

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索