リンゴ酸は有機酸の一つで、リンゴ内に含まれる酸味のことを言います。

 

有機酸には、クエン酸や、シュウ酸が含まれ、リンゴ酸の主な働きは、クエン酸サイクルを活発にする役割をしています。

その結果、疲れやすさを解消して、疲労回復を促すという働きがあります。

こうしたリンゴ酸の効果効能を得るために、適切な量の摂取が必要となるのです。

 

リンゴ酸は1785年に発見され、このリンゴ酸という和名は「リンゴ」に由来して名づけられました。

現在では、このリンゴ酸は食品の酸味料として利用されています。

 

この酸味料を使った食品には、ゼリーや、シャーベットなどに含まれています。

このほか、リンゴ酸はpH調整材、乳化剤などにも使われています。

また、食品関連以外では、キレート性を持つため、金属の洗浄にも用いられています。

 

リンゴ酸はクエン酸サイクルを活発にする役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

リンゴ酸の主な効果/効能/作用

・疲労回復を促す(クエン酸サイクルを活発にするため)

・肉体疲労を軽減する(クエン酸サイクルを活発にするため)

・自然治癒力を高める(体内を弱アルカリ性に保つため)

 

リンゴ酸にはこうした働きのほか、
体内を弱アルカリ性にするため胃腸病などを予防する働きがあったり、デトックス作用があったりします。

ただし、リンゴ酸の過剰摂取は口の中に炎症を引き起こす可能性があり、注意が必要となっています。

そのため、リンゴ酸の効果効能を得るための摂取量の目安としては、リンゴ酸の1日の摂取量を1200mgとなっています。

 

こうしたリンゴ酸を多く含む食品は、リンゴをはじめ、なつめ、梨などに含まれています。

またリンゴ酸は赤ブドウにも含まれていています。

そして、リンゴ酸を効率良く摂取するためには、赤ブドウエキスなどを配合したサプリメントを利用することがお勧めです。

 

⇒ 手作りドライアップル(りんご)の作り方とその美容効果について

⇒ 美肌効果抜群!アップル(りんご)を使ったデトックスウォーターの作り方!

⇒ 実はすごい果物!アップル(りんご)の整腸効果とは?

⇒ 健康・美容効果を倍増させるアップル(りんご)の調理ポイントとおすすめ食べ合わせ!

 

 

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索