キーウィ(キウイ)フルーツは、ニュージーランドの栽培果実として有名で、
日本では、キーウィ(または、キウイ)など様々な呼び名で親しまれています。

キーウィの特徴は、なんといっても、ビタミンCが豊富に含まれているフルーツということです。
ビタミンCは、抗酸化作用(アンチエイジング作用)、肌の美容効果(シミ、ソバカスなどの予防)
抗ストレス作用や、コラーゲンの生成に使われます。

その量は、100g中に約70〜80mg前後と豊富に含まれています。およそ、みかんの倍の量、イチゴと同等で
1日の必要目安摂取量のビタミンCをキーウィ1個で、約70%も補給することが出来るのです。

(ゴールドキーウィは、グリーンキウイの約1.5倍のビタミンCを含有していると言われています。)

ビタミンCが多く含まれている他に、抗酸化作用のあるビタミンEも含まれています。

 

キーウィに含まれている良質の食物繊維であるペクチンが多く含まれているため、
腸内環境を整える整腸作用や、便秘改善にも効果を発揮するだけでなく、
体内の有害物質やコレステロールを排出するなどの働きもあります。

(ペクチン=植物の細胞壁や中葉に含まれる複合多糖類で、
ガラクツロン酸 (Galacturonic acid)がα-1,4-結合したポリガラクツロン酸が主成分)

その他には、
カリウム(ナトリウムやカルシウムと共に、
神経や筋肉の機能を正常に保つ必須ミネラルの一つでスポーツ選手なども利用する)、

カルシウム葉酸も含まれているほか、

アクチニジンと呼ばれるタンパク質分解酵素が含まれており、
このアクチニジンは、胃内の消化不良によって生じる口臭を抑制したり、
口腔内の食物(食べかす)を分解、細菌の繁殖を抑制する働き、

更に、アクチニジンは、60度までなら効果があるため、アルコールにも比較的強く、
たんぱく質を消化する働き(消化促進作用)もあるため、
ダイエットにも、痛風、糖尿病、心筋梗塞にも、効果を発揮します。
(固い肉などは、キーウィの液に数時間漬けると柔らかくなるほどです。)

 

また、抗酸化作用のあるポリフェノールの豊富に含まれており、癌や、動脈硬化の予防にも役立ちます。
特に皮の部分には、果肉の約3倍のポリフェノールが含まれています。

キーウィの酸味の主成分は有機酸で、
クエン酸、リンゴ酸、キナ酸、シュウ酸などです。
この有機酸は、エネルギーの代謝に影響があり、疲労回復や二日酔い時の回復などにも役立ちます。

 

豊富なビタミンCなど、風邪予防に、また、風邪に伴う発熱時の栄養と水分補給などにも適しています。
そのままフルーツとして、ヨーグルトに混ぜたり、ドライフルーツにしフルーツティーとしても、
料理に利用しても良いフルーツです。

美肌効果にダイエット効果、便秘解消、抗酸化作用(アンチエイジング作用)、鉄分葉酸(貧血防止)、
など、特に女性には、嬉しい大きな効果を得られる、小さなこぶし大のフルーツと言えるでしょう。

 

⇒ Tea total (ティートータル) / ストロベリー & キウイ 100g入り缶タイプ

⇒ Tea total (ティートータル) / ストロベリー & キウイ 100g入り袋タイプ

 

 

⇒ キウイフルーツについて

⇒ キウイフルーツに期待できる健康効果と美容効果とおいしい食べ方!

⇒ 栄養満点!キウイフルーツを持ち歩こう!自宅でドライキウイフルーツを作る方法

⇒ キウイフルーツの効果と効果アップを狙える食べ合わせとは?

⇒ キウイフルーツの効能と調理ポイント・注意すべきことは?

 

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索