イソロイシンは必須アミノ酸の一つであり、BCAA(分岐鎖アミノ酸)に含まれます。

このBCAAにはイソロイシンのほか、バリンロイシンが含まれます。

イソロイシンは1904年にサトウダイコンの糖蜜から発見され、ギリシャ語で「同じ」という意味からその名がついています。

 

そして、現在ではイソロイシンの働きは、筋肉の消耗を防ぎ、皮膚の回復を促す役割があると分かっています。
そのため、イソロイシンが不足するとスタミナの維持が出来ず疲れを感じたり、皮膚炎を引き起こしてしまいます。

こうしたこともあり、最近ではイソロイシンは、サプリメントや、シャンプーやリンスなどにも利用されるようになっています。

イソロイシンは筋肉の消耗を防ぐことや皮膚の回復を促す役割のほか、以下のような効果効能があります。


イソロイシンの主な効果/効能/作用

・疲労回復を促す(グリコーゲンを体内で等に変換するため)
・成長を促進する(成長を促す控除千ホルモンを分泌するため)
・集中力を高める(興奮系の神経伝達物質となるため)
・糖尿病を予防する(血糖値の上昇を抑制するため)
・肝機能を高める(肝臓のたんぱく質の合成が促されるため)
・美肌、美髪効果がある(肌や髪の毛の元となるため)

 

ただし、イソロイシンの過剰摂取は他のBCAAとのバランスが崩れ体重の減少を招いたりします。

そのため、イソロイシンの摂取量の目安は、1日当たり体重1kgに対して20mgとなっています。

つまり、自分の体重が60kgであれば1200mgの摂取が必要となります。

 

こうしたイソロイシンを多く含む食品は鶏肉などの肉類や鮭などの魚類に多く含まれます。

そして、摂取上の注意点としては他のBCAAと同様に、
「運動30分前」に摂取すると効率良く体内に吸収されます。

また、他のBCAAとバランス良く摂取することで、イソロイシンを効率良く体内に吸収することが出来ます。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索