TOKIO 山口達也流のダイエット法!ダイビングの効果

TOKIO


山口達也

 

無理なくできる全身運動

 

ダイエットのために運動することで最も大事なことは、体にできるだけ負担をかけないことです。]

高負荷の運動は効果的なことが多いですが、なかなか長続きしません。

なによりいきなり無理な運動をして怪我をしたのでは元も子もありません。

適度な負荷で長続きすることが健康法としてのダイエットには大切です。
その点、TOKIO の山口達也さんも実践しているダイビングは水中で行う運動ですから、
重力から解放された状態でできるので体を動かすのが楽です。

その結果、陸上では動かさなかった部分、使えていなかった筋肉を積極的に使うこともできます。

陸上で運動を行う場合、自らの体重を受け止める膝や腰、
そして足首にどうしても大きな負担がかかるのを避けられません。

瞬間的にかかる荷重は体重の何倍にもなると言われます。

慣れない人が急にランニング等の運動をして、この辺りの箇所を傷めるのはそのためです。

傷めると当然その後しばらくは運動できませんし、傷が癒えてもやる気がなくなってしまいがちです。

水中での運動であればこの点を心配する必要は無くなります。
そして水圧の関係で、全身に効果的な運動を期待できることも大きなメリットです。

運動量をたくさんこなせることから、全身の新陳代謝も活発になり、痩せやすい体を作ることができます。

 

全身運動を楽しくできる健康法

 

ダイビングは水中を移動する運動です。

水の中を移動しようとする時は手だけを使っても、また足だけでも思ったように進むことはできません。

全身を効率よく使うことで、はじめてイメージ通りに進むことができるのです。

慣れないうちは難しいですが、水中での体の動かし方を覚えれば、
一箇所に負担をかけることなく、スイスイと動けるようになります。

こうなるとしめたもので、ダイエットにとっては最適な、
無理なく全身の筋肉を使う運動ができるようになることを意味します。
しかも、水中を移動するわけですから、陸上とは比較にならない程、常に全身にくまなく圧力がかかります。

また水中では浮力が働くため、体や関節に無駄な負荷をかけることなく、筋肉を刺激できます。

ダイエットにはもってこいです。
消費カロリーは、1時間潜れば約300キロカロリーと言われます。

その効果はダイエットや健康法の代表格、エアロビクスを上回る効率の良さです。
ダイエットとリバウンドは切っても切れない関係にあります。

人間の体のメカニズム上、致し方ないところもありますが、

ダイビングは筋肉を刺激することで筋肉量を増やすことができる運動なので、

リバウンドしにくいことも大きな利点です。

 

体だけではなく心にも良い変化をもたらす

 

TOKIO の山口達也さんはダイエットに成功しましたが、痩せてもとても健康的です。
太陽の熱と海水の温度差の刺激、水圧の刺激、
海から上がった後の爽快感など、身も心も健全になる理由がダイビングにはたくさんあります。
全身運動による体の引き締め、ダイエット効果はもちろんのこと、精神衛生上もとても良いです。

海の中にいると自然の偉大さを知ります。

雄大な自然の中で時間を過ごすと
自分が抱える悩みがちっぽけなものに思えてきたり、悩むべきことではないと気付かされます。

ダイビングをしたら人生観が変わったなどという意見をよく耳にしますが、
決して大袈裟な表現ではないと思えるはずです。

全てを前向きに捉えられるような、自己肯定感を持つことができるようになります。
海水による薬化効果もあります。

海水は皮膚炎や、あせもなどにも効果がありますし、
アレルギー症状が改善したという話もよく聞きます。

美容にも良い影響をもたらすのです。
例えばここに体や皮膚の代謝を促す
美容に良いサプリメントなどを補給することで、更に効果を上げることも可能です。

いろいろな工夫を組み合わせることで、体に良い効果を最大限に引き出してあげましょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索