櫻井翔さんが健康のために食べている蕎麦の効果

嵐


櫻井翔

嵐の櫻井翔さんが行っている健康法とは

嵐は今や国民的アイドルグループとなっており、バラエティやCM、
ドラマなど多方面で活躍しているので見ない日はありません。

嵐の櫻井翔さんは個人でニュースキャスターを務めるなど
今までジャニーズが立ち入らなかった領域でも活躍しているパイオニア的な存在です。

一見、完璧なように思えますが、櫻井翔さんは太りやすい体質で体重をキープすることに苦労しています。

しかしドラマなど体重をコントロールしなければならない時には必ずダイエットに成功しています。

身長が170cmありながら役作りの時は決まって
50kg前半まで体重を落とすというプロ根性にファンも魅了されています。

彼は様々な健康法を実践していますが、その中でも蕎麦を食べることは長年継続しています。

本人もよく番組で有名な店舗まで足を運んだことを紹介しており、
彼のダイエットを支えている健康法です。

ダイエットに炭水化物である麺類を食べることは逆効果のように感じる人もいます。

しかし蕎麦には栄養が豊富で、うどんやラーメンにないメリットがたくさんあります。

ダイエットは急激に体重を落とすことは体に負担がかかるため、
健康的に痩せられて続けられる健康法は実践して損はありません。

 

蕎麦の持つ魅力的な効果

 

ダイエットでは炭水化物を抜くことでカロリーを減らす方法がありますが、
お米やパンといった主食を抜くのがストレスがかかります。

そこで蕎麦を食べることで無理なく痩せることに挑戦します。

ダイエットに成功するのは、低GI値だからです。

GI値が高いと血糖値が急激に上昇して太りやすくなります。

一方、低GI値は血糖値の上昇を抑制することで、
インスリンの分泌も少なくして体に脂肪を溜め込まないようにします。

人間の体は過度にカロリーを抑制すると、ホメオスタシスという防衛反応によって
リバウンドや健康に悪影響が及ぶ恐れがあるので、適度に炭水化物を摂取することが大切です。

また蕎麦は、ビタミン類が豊富です。特に脂肪や糖質の代謝に関係するビタミンB群が多く、
ビタミンB1はお米の4倍、小麦粉の2倍も含まれています。

ビタミンB2もお米の4倍以上とされ、皮膚や粘膜を正常に保つので美肌効果があります。

コリンという水溶性のビタミンは肝臓を強化する役割があります。

さらに穀物の中で唯一、ルチンを含んでいる食べ物です。

ルチンはポリフェノールの一種で、アンチエイジング効果があることが分かっています。

これは、毛細血管を強くして脳内出血や動脈硬化、高血圧を予防します。

 

櫻井翔さんも実践している健康法のポイント

 

方法は、1日の食事の中で1~2食を蕎麦に置き換えるだけです。

1玉に相当する150~200gを食べると十分な量のルチンを摂取できます。

朝食は1日のうちでカロリーを消費しやすいので、昼食や夕食に食べるのが良いです。

櫻井翔さんの発言から昼食に食べるのが多いことが伺えます。

最初は1食だけを置き換えてなれたら2食に増やすやり方が無理をしなくて済みます。

注意するのは、トッピングです。

味を引き立てようと様々なトッピングを乗せたくなりますが
そのカロリーがオーバーするとダイエットができません。

特に天ぷらは避けます。

油を使っており、衣は小麦粉でできているのでGI値が高くなりカロリーも制限できません。

トッピングは無しにするかネギなどヘルシーなものを選びます。

正しく実践できれば、1ヶ月で数kg痩せることも可能です。

また栄養は確かに豊富ですが、主食である以上単体で食べ続けると栄養バランスが崩れます。

家で食べる時は副菜を用意して、野菜のおひたしや大根おろしで足りない栄養を補います。

ルチンはビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がります。

卵焼きはタンパク質を摂取できるため、筋肉が付きやすく脂肪燃焼を促進します。

 

栄養のバランスを副菜やサプリメントで補いつつ、
櫻井翔さんのように短期間で、とはいかずとも徐々に実践してみるのも良いかもしれません。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索