恐るべしヨガ効果!菅野美穂さんがやっている健康法と美容法まとめ

恐るべしヨガ効果!菅野美穂さんがやっている健康法と美容法まとめ


これまで多くのドラマや映画やCMで活躍してきた、
女優の菅野美穂さんの美しい肌とスタイルは、
彼女が日頃行っている事に秘訣があったようです。

それは、炭酸水を好んで飲んでいることや、
美顔器を利用して肌が乾燥しないようにしていること、
そして長年続けているヨガを今でも朝晩毎日していること、
この三つの事で彼女の肌とスタイルは作られていました。

ヨガは芸能人の中でも取り入れている方は多い健康法の一つです。

ヨガには基礎代謝を上げてくれる効果、体の歪みを正してくれる効果、
便秘や肩こりや冷え性を改善などヨガには沢山の嬉しい効果があります。

ヨガと言っても種類がとても沢山あるので、
自分の目的に合うものをする事が、一番長続きさせる為の秘訣と言えるでしょう。

芸能人の方達は綺麗な方ばかりですが、
皆さん陰ながら様々な努力をしています。

日々、色々な美容法や健康法を実践して自分に合うものをやり続けています。

そんな芸能人の中でも現在は産休中の女優の菅野美穂さんは、
ドラマや映画やCMで大活躍で忙しそうでしたが、
彼女のお肌はとても疲れが見えません。

化粧品の広告に抜擢されるほど
美しい彼女の肌は、女性の憧れとも言えるでしょう。

 

そんな彼女がモットーとしていることは、
普段のスキンケアをがんばり過ぎないことです。

確かにケアをやりすぎてしまうと、
かえって肌に負担がかかってしまう場合もあります。

やりすぎが原因で肌荒れを引き起こしてしまう恐れもあるので、
彼女のような基本的なケアを
毎日きちんと続けることが一番いいのかもしれません。

そして彼女は炭酸水が大好きで、飲んだり洗顔に使用したりもするそうです。

炭酸には美肌やダイエット、美髪、など
全身を綺麗にしてくれるというサポート効果があります。

芸能人の方で他に愛用している人達は沢山居ます。

 

炭酸には沢山の力が秘められています。

まず、飲んだり食べたりして体の中へ取り入れた場合は、
便秘解消や満腹感を与える働きがあります。

満腹感が得られるという事は、
食べすぎを防いでくれる効果があるという事です。

使用方法としては大体、食前や食事の最中に、
500mlの炭酸水を飲むと効果的だそうです。

注意としては、量が少なすぎるとかえって
胃が触発されて、食欲が増してしまいます。

さらに、冷たく冷やしてしまうと
これも食欲が増進してしまうので、飲む際は常温で飲みましょう。

そして、便秘解消の面では、
炭酸ガスが胃を刺激して腸の働きを良くしてくれるため、
便秘で悩んでいる場合は朝コップ一杯の炭酸水を飲むと解消されるでしょう。

 

次は、肌や髪に直接つけて外面から炭酸水を取り入れた場合です。

これには血流を良くする効果と、汚れを落としてくれる効果があります。

このように炭酸水は内側と外側、両面を綺麗にしてくれる素晴らしい効果があります。

 

その他に菅野美穂さんが愛用している物は、美顔器です。

肌の乾燥は肌トラブルを引き起こす一番の原因になります。

そのため彼女は、美顔器で日々、保湿を怠らないようにしているようです。

 

そして、菅野美穂さんと言えばヨガです。

彼女は長年ヨガを続けていて、
朝は太陽礼拝で全身を目覚めさせるように行います。

そして夜は開脚と前屈。

これを毎日5分続けているうちに、彼女の体はとても柔らかくなったようです。

ヨガには体の筋肉を解して柔軟にしてくれる効果の他に、
心を落ち着かせてくれる効果もあります。

体に負荷をかけた時は、呼吸をすることによって無駄な緊張を解してくれて、
リラックスさせてくれます。

ヨガには瞑想がとても大切になってきます。

呼吸法と瞑想をすることにより、
様々なストレスから開放してくれる働きがあります。

 

このように菅野美穂さんの透明感のある肌と綺麗なスタイルは、
彼女の日々行っている美容法や健康法から作られているようです。

皆さんも炭酸水美容やヨガを試してみてはいかがでしょうか?

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「デトックスティー」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索